不動産でよくある問題として、以下があります。
この他の問題で、どこに相談すれば良いのか分からない時はコチラへ

運営者に今すぐ相談

こんな時、誰に、何を相談するの?

CASE1

親が死亡した

遺産分割 相続財産を相続人で分ける手続 司法書士
相続登記 持家である場合、所有者を変える手続 司法書士
相続税の申告・納税 被相続人の死亡した日の翌日から10ヶ月以内。 税理士
準確定申告 1月1日から死亡した日までに確定した所得金額及び税額を申告 税理士

・相続税の申告は、相続税が免除(かからない)場合でも必要。ただし、課税価格が基礎控除額以下であれば申告不要です。
・相続放棄を行う場合、相続があった時から3か月以内にする必要があります。
・遺言執行人がいる場合、その人に任せることになります。

CASE2

遺産分割で問題が起こった

遺産分割 相続人で話し合いがまとまらない 弁護士
遺産分割 相続すべき不動産がどこか分からない(山林等) 不動産鑑定士

CASE3

身寄りの無い人が死亡した

相続人不存在の確定 相続人がいないことを確定させる手続き 司法書士・弁護士
特別縁故者の相続財産分与の申立 身寄りの無い人の財産は国庫へ帰属します。しかし、相続人かのような緊密な関係があった人が相続できる申立 司法書士・弁護士

・遺言があれば、こうした手続きは不要です

相続人がいない場合(相続人不存在)②特別縁故者への財産分与制度

CASE4

家賃を滞納されている

内容証明 一定期間内に支払うことを要求(支払わない場合は契約解除) 弁護士
明渡し訴訟 (和解に持ち込むことも可能) 弁護士
明渡しの強制執行 訴訟で勝っても明渡してもらえない場合 弁護士

・家主(オーナー)が何度も家賃を督促してみても、滞納を続けている場合
・強制執行に至る前に、オーナーが相手方に歩み寄り、和解等によって任意に支払をしてもらう、建物を明け渡してもらうという手段の方が、有利な解決となる場合もあります。

強制執行とは③不動産明け渡しの執行と強制執行のポイント

CASE5

隣の家との境界で揉めている

境界の確定 隣地の人の立会いの下、両者で境界を定めます 土地家屋調査士