老後の貯蓄額とライフプラン作成の必要性について

2017年1月10日 カテゴリー : ライフプラン・保険

最近よく老後は3000万円ぐらいの貯金がないとダメとか聞きますが本当ですか?

40代 男性

回答の入力

以下の項目を入力の上、最後に「送信する」ボタンをクリックしてください。
質問や相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社に限ります。
プロフィールの掲載はこちら

※印は入力必須項目です。

回答内容 ※

「ポイント」、「さらに詳しく」などのアイコンの使用が可能です。
使用できるアイコン
アイコン使用箇所の指示

写真・図表

×

回答者の情報
資格名
事務所名 ※
お名前 ※
メールアドレス ※

注意事項

  • 質問・相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社の方に限ります。
  • 個人、法人、不動産を特定できる情報並びに他人の権利及び利益を侵害する恐れのある情報の記載をすることはできません。
  • 入力情報(除:メールアドレス)は、インターネット上に公開されます。
  • 回答の内容によっては、掲載をお断りする場合があります。
  • 公開後、回答内容の変更及び削除は原則として行っていません。

利用規約

「RE_gardens」のご利用にあたり、以下の利用規約を遵守していただきます。

利用規約

送信内容をご確認後、「注意事項」及び「利用規約」に同意して頂いた場合、チェックを入れてください。

専門家の回答

FP 船津 正明 先生の回答

船津正明FP事務所

回答

そんな事はありません。
あくまで平均的な家庭をモデルに試算した結果なので全員が当てはまる訳ではありません。月々の年金収入や支出額は各家庭で大きく違います。
また趣味・嗜好の違いだけでも今後必要な金額は大きく変動します。
それぞれの生活実態に応じたオリジナルのプラン作成が必要になります。

プラン作成のポイント

①楽しい予定作り
プラン作成時には「死ぬまでにやりたい事ベスト5」なんかもお聞きした上、その費用も調査してライフプラン表に盛り込みます。
楽しい予定も入れないと面白くありませんので私は強くお勧めしています。

②いくらあれば大丈夫という金額を知る
当事務所への相談者は同世代であっても必要額は全然違います。
オリジナルプラン作成後によく相談者から「あっそうなんや!それぐらいで大丈夫やったらウチももう少しぐらい贅沢してもええな!」という感想を頂きます。
人間は知らない事には不安になりますが知っていれば恐れずに対応出来ます。

私はそんな漠然たる不安を小さくする為のお手伝いが出来たらという思いで日々の相談業務に邁進しております。
以上は、ラジオ関西の番組「ラジ王」でもお話しさせて頂きました。

2017年1月10日

mahoroba_qa02

mahoroba_qa03

FP
船津 正明
船津正明FP事務所

同じカテゴリの相談

2017.07.31
ライフプラン・保険住宅ローンの返済が苦しくなった時の対策
2017.07.26
ライフプラン・保険マイホームの購入における頭金の目安とは
2017.07.04
ライフプラン・保険マイホームの購入について検討すべきこと
2017.06.19
ライフプラン・保険住宅ローンの借換えについて

もっと見る →