賃貸借契約で連帯保証人がいない場合における保証会社とは

2017年1月10日 カテゴリー : 不動産賃貸

入居の際に必要となる連帯保証人がいません。
不動産会社から連帯保証人の代わりをしてくれるという保証会社を勧められました。
保証会社について詳しく教えてください。

40代 男性

回答の入力

以下の項目を入力の上、最後に「送信する」ボタンをクリックしてください。
質問や相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社に限ります。
プロフィールの掲載はこちら

※印は入力必須項目です。

回答内容 ※

「ポイント」、「さらに詳しく」などのアイコンの使用が可能です。
使用できるアイコン
アイコン使用箇所の指示

写真・図表

×

回答者の情報
資格名
事務所名 ※
お名前 ※
メールアドレス ※

注意事項

  • 質問・相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社の方に限ります。
  • 個人、法人、不動産を特定できる情報並びに他人の権利及び利益を侵害する恐れのある情報の記載をすることはできません。
  • 入力情報(除:メールアドレス)は、インターネット上に公開されます。
  • 回答の内容によっては、掲載をお断りする場合があります。
  • 公開後、回答内容の変更及び削除は原則として行っていません。

利用規約

「RE_gardens」のご利用にあたり、以下の利用規約を遵守していただきます。

利用規約

送信内容をご確認後、「注意事項」及び「利用規約」に同意して頂いた場合、チェックを入れてください。

専門家の回答

株式会社エスタス管財 宅地建物取引士 由木正伸 さんの回答

回答

保証会社とは
賃貸契約に必要な契約を進める上で必要になる連帯保証人。
その連帯保証人の代わりをしてくれるのが、「保証会社」です。
賃貸の部屋を借りたくても、親族がいない場合など、連帯保証人をお願いする人がなく、いざ探すとなると意外と大変だったりします。

連帯保証人には重い責任が生じるので、親族等でない限りはできればなりたくはないもの。お願いしても体よく断られたりして・・・最悪の場合、住みかえをあきらめなくてはならないことも。
そんな時に活用できるのが、「保証会社」という存在。
各社その契約設定に違いがありますが、概ね一カ月の賃料等に一定の料率をかけられた金額を契約時に支払い、審査さえ通れば、保証会社が連帯保証人の代わりとなり賃貸借契約の締結が可能となります。

保証される内容
借主が賃料等を滞納した場合、賃料支払いが免除されるわけではなく、借主に代わって「保証会社」が貸主に賃料を支払う(代位弁済)のであって、借主は「保証会社」から督促を受けることになります。
督促方法の行き過ぎが一時問題にはなりましたが、保証会社も滞納が増加すると、経営を圧迫する事態となりますので、行き過ぎた督促は論外ですが、回収に力を入れるのは当然のことと言えます。
その他、滞納問題が大きくなった場合の明渡しの折衝手続きや訴訟手続。明渡し後の室内のリフォームの補償なども「保証会社」が負担する等、以前と比べサービス内容は充実しています。

保証会社の立場
こうしたサービス内容をみれば、「保証会社」の提供するサービスの対象は、あくまで貸主側であるということがわかります。そもそも貸主の滞納リスク に対する未然防止措置として発展してきたビジネスであると考えると当然と言えますが、借主側にとっての「保証会社」とは、保証人等がいなくても契約ができるという点を除いては、貸主側が設定する賃貸借契約上の条件のひとつという色合いが強いと言えます。

2017年1月10日

同じカテゴリの相談

2017.08.08
不動産賃貸賃貸借契約における連帯保証人が死亡した場合
2017.08.04
不動産賃貸間取り図の「S」とは
2017.07.21
不動産賃貸土地を賃した場合の消費税
2017.07.12
不動産賃貸サブリースのデメリット

もっと見る →