共有財産の管理

2018年12月18日
カテゴリー : 法律と不動産

母1/2、姉1/12、私1/12、妹1/3が共有する不動産があり、現在は母が一人で住んでいます。

そこへ、今度は妹が一緒に住むと引っ越してきました。
母、姉、私は拒否したいのですが方法はありますか?
もし方法が無いなら姉と私は家賃等を妹に請求することができますか?

60代 女性

回答の入力

以下の項目を入力の上、最後に「送信する」ボタンをクリックしてください。
質問や相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社に限ります。
プロフィールの掲載はこちら

※印は入力必須項目です。

回答内容 ※

「ポイント」、「さらに詳しく」などのアイコンの使用が可能です。
使用できるアイコン
アイコン使用箇所の指示

写真・図表

×

回答者の情報
資格名
事務所名 ※
お名前 ※
メールアドレス ※

注意事項

  • 質問・相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社の方に限ります。
  • 個人、法人、不動産を特定できる情報並びに他人の権利及び利益を侵害する恐れのある情報の記載をすることはできません。
  • 入力情報(除:メールアドレス)は、インターネット上に公開されます。
  • 回答の内容によっては、掲載をお断りする場合があります。
  • 公開後、回答内容の変更及び削除は原則として行っていません。

利用規約

「RE_gardens」のご利用にあたり、以下の利用規約を遵守していただきます。

利用規約

送信内容をご確認後、「注意事項」及び「利用規約」に同意して頂いた場合、チェックを入れてください。

専門家の回答

弁護士 浜本 光浩 先生の回答

浜本綜合法律事務所

回答

お母さん、お姉さん、ご相談者の共有持分の合計が2/3であり、過半数ですので、3人が反対であれば、妹さんが住みたいと言っても拒否することができます。

解説

共有不動産に住むことは、共有物の現状を維持し、これを利用する行為ですので、「共有物の管理」(民法252条)に該当します。
民法252条は、共有物の管理に関する事項について、各共有者の持分の価格に従い、その過半数で決すると規定されていますので、過半数の共有持分を持っている共有者の意思によって決められることになります。
本件では、お母様、お姉さま、ご相談者の3人の共有持分の合計が2/3であり、過半数ですので、妹さんが住むことについて3人が反対すれば、妹さんが住みたいと言っても拒否することができます。

回答日:2018年12月28日

弁護士
浜本 光浩
浜本綜合法律事務所