遺産分割協議をやり直すことはできるか

2018年8月14日
カテゴリー : 相続・遺言

3年前に母親が死亡し、子である長女(姉)と次女(私)で遺産を相続しました。

遺産分割協議で現預金など分割が簡単なものについては、2人で等しく分けました。
しかし、不動産はどうすれば良いのか分からず、相続税の申告期限も近かったことから、共有にしてしまいました(申告・納税、登記も済ませています)。

後日、共有はあまり良くないと分かり、遺産分割協議をやり直し、適正に不動産を分けたいと思っていますが可能でしょうか。

30代 女性

回答の入力

以下の項目を入力の上、最後に「送信する」ボタンをクリックしてください。
質問や相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社に限ります。
プロフィールの掲載はこちら

※印は入力必須項目です。

回答内容 ※

「ポイント」、「さらに詳しく」などのアイコンの使用が可能です。
使用できるアイコン
アイコン使用箇所の指示

写真・図表

×

回答者の情報
資格名
事務所名 ※
お名前 ※
メールアドレス ※

注意事項

  • 質問・相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社の方に限ります。
  • 個人、法人、不動産を特定できる情報並びに他人の権利及び利益を侵害する恐れのある情報の記載をすることはできません。
  • 入力情報(除:メールアドレス)は、インターネット上に公開されます。
  • 回答の内容によっては、掲載をお断りする場合があります。
  • 公開後、回答内容の変更及び削除は原則として行っていません。

利用規約

「RE_gardens」のご利用にあたり、以下の利用規約を遵守していただきます。

利用規約

送信内容をご確認後、「注意事項」及び「利用規約」に同意して頂いた場合、チェックを入れてください。

専門家の回答

司法書士 染田 直樹 先生の回答

染田司法書士事務所

回答

相続人全員が同意すれば、遺産分割協議をやり直すことは可能です。

解説

一旦有効に成立した遺産分割協議(以下、「1回目の遺産分割協議」とします。)を、
①相続人全員の合意によって解除し、
②再度、相続人全員で遺産分割協議(以下、「2回目の遺産分割協議」とします。)を成立させることになります。

ご質問の事例での登記は、次のように申請することになります。
この場合、次の順番で登記申請することになります。
1件目 錯誤を原因として、既に登記された相続登記を抹消登記の申請
2件目 2回目の遺産分割協議の内容に従った相続登記の申請

補足

ご質問の事例では、相続人が2名であるため、2回目の遺産分割協議を成立する可能性は高いと思われます。
もし、相続人が3名以上いた場合は、どうでしょうか?
他の相続人が2回目の遺産分割協議に反対したり、また相続人の一部が行方不明で連絡がつかない、などの理由で事が進まないことも考えられます。
その場合は、共有者の方のみで、売買や贈与によって、不動産の所有関係を整理することができます。

いずれの方法を選択することも可能です。
事例に応じて、時間、費用、税金などを総合的に比較検討しながら、解決されることをお勧めいたします。

【共有不動産について】
住宅ローンや贈与等の関係で、不動産を共有されていることはよく見かけます。
事情があり、不動産を共有されること自体は致し方ないと思います。
しかし、共有不動産は、後日、面倒になる可能性があるため、できる限り1人が所有するほうが良いと考えます。

たとえば、その不動産を売買するときに、共有者全員の同意が必要になります。
もし、共有者の一人が認知症になった場合は、売却することが難しくなります。
その他に、共有者の一人に相続が開始した場合には、まったく知らない人が共有者として現れることも考えられます。

できるだけシンプルに不動産を所有されることをお勧めします。

司法書士
染田 直樹
染田司法書士事務所