境界でもめると困るのは何故か

2018年1月11日
カテゴリー : 近隣・境界トラブル

「隣地と境界の争いがおこると困りますよ」とよく言われています。
私の家も隣地との境界がはっきりしていないので、ダメかな?と思うのですが、具体的に何が困るのかイメージができないため、行動に移すことができません。
何が困るのか具体的に教えてください。

50代 男性

回答の入力

以下の項目を入力の上、最後に「送信する」ボタンをクリックしてください。
質問や相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社に限ります。
プロフィールの掲載はこちら

※印は入力必須項目です。

回答内容 ※

「ポイント」、「さらに詳しく」などのアイコンの使用が可能です。
使用できるアイコン
アイコン使用箇所の指示

写真・図表

×

回答者の情報
資格名
事務所名 ※
お名前 ※
メールアドレス ※

注意事項

  • 質問・相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社の方に限ります。
  • 個人、法人、不動産を特定できる情報並びに他人の権利及び利益を侵害する恐れのある情報の記載をすることはできません。
  • 入力情報(除:メールアドレス)は、インターネット上に公開されます。
  • 回答の内容によっては、掲載をお断りする場合があります。
  • 公開後、回答内容の変更及び削除は原則として行っていません。

利用規約

「RE_gardens」のご利用にあたり、以下の利用規約を遵守していただきます。

利用規約

送信内容をご確認後、「注意事項」及び「利用規約」に同意して頂いた場合、チェックを入れてください。

専門家の回答

土地家屋調査士 梅田 幸秀 先生の回答

梅田測量事務所

回答

以下のように、いくつか困る点があると思います。
早めに境界問題を解決しておけば安心度が違うと言えるでしょう。

①人間関係の悪化
境界問題が解決したからと言って、隣地所有者との人間関係が必ずしも改善されるものではないです。
隣地所有者は毎日顔を合わせる相手であり、揉めだすと精神的な苦痛は相当なものとなります。
お互い自宅なので、簡単に引っ越すこともできないと思います。

②売却が困難
近年では不動産を売却する場合、境界を明示することが義務付けされつつあります。
協会が不明瞭であったり、境界の争いのある土地は買い手がつきません。
売ることができない=資産価値が下がるということになります。

③時効取得
自分の土地が隣地所有者に占有され続けると、いずれは時効取得により、自分の土地ではなくなってしまう可能性があります。

④ブロック塀の築造
ブロック塀やフェンスを造りたくても、境界がはっきりしない以上、築造は困難であると思います。

回答日:2018年1月12日

土地家屋調査士
梅田 幸秀
梅田測量事務所

同じカテゴリの相談

2017.09.07
近隣・境界トラブル隣地との間に塀を築造した場合の費用の負担
2017.04.07
近隣・境界トラブル境界立会いをしたくない場合の対応
2017.03.15
近隣・境界トラブル境界標・境界杭が見当たらない場合の対策

もっと見る →