投資信託と株との違い

2017年9月25日
カテゴリー : ライフプラン・保険

株に興味がありますが、今までまったく経験がなく、どの会社の株を買うべきなのかも分かりません。
友達が投資信託をしていますが、10万円くらいから始められると聞きました。株と投資信託はどちらが良いのでしょうか。

20代 女性

回答の入力

以下の項目を入力の上、最後に「送信する」ボタンをクリックしてください。
質問や相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社に限ります。
プロフィールの掲載はこちら

※印は入力必須項目です。

回答内容 ※

「ポイント」、「さらに詳しく」などのアイコンの使用が可能です。
使用できるアイコン
アイコン使用箇所の指示

写真・図表

×

回答者の情報
資格名
事務所名 ※
お名前 ※
メールアドレス ※

注意事項

  • 質問・相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社の方に限ります。
  • 個人、法人、不動産を特定できる情報並びに他人の権利及び利益を侵害する恐れのある情報の記載をすることはできません。
  • 入力情報(除:メールアドレス)は、インターネット上に公開されます。
  • 回答の内容によっては、掲載をお断りする場合があります。
  • 公開後、回答内容の変更及び削除は原則として行っていません。

利用規約

「RE_gardens」のご利用にあたり、以下の利用規約を遵守していただきます。

利用規約

送信内容をご確認後、「注意事項」及び「利用規約」に同意して頂いた場合、チェックを入れてください。

専門家の回答

FP 長島 栄作 先生の回答

長島FP事務所

回答

まず、お勧めしたいのはNISA(少額投資非課税制度)を利用した投資信託。

通常、利益の2割が税金として差し引かれるのが一般的ですが、NISAでは、最長10年間、課税しないというお得な制度。

平成26年1月から始まったこの制度、
平成30年12月末までの5年間に投資された資金が非課税の対象です。

1月1日~12月31日までの1年度に、投資資金120万円の上限がありますが、一時金や毎月積立にされても非課税の対象になりますので、自分に合った方法で利用されてはいかがでしょう。

NISAの対象は、上場株式、上場投資信託(ETF)、不動産投資信託(REAT)、株式投資信託ですが、世界の資産に分散投資する投資信託は、リスク分散にもなり、長期保有することで、資産の複利効果が見込めてより有利に資産運用が可能になります。

世界中の株や債券、不動産など、世界中の分野に分散投資できる投資信託を利用して世界成長を資産運用に取り込んでください。

<日本証券業界HP>
NISA(少額投資非課税制度)に関するQ&A

また、もっとリスクを避けたい方には、外貨建て商品がお勧めです。
米国債や豪国債は、格付けが高く金利も高い。
いろんな商品がありますので、簡単にはお伝え出来ませんが、日本国債に金利が付かない現在では、有効な資産運用商品といえるでしょう。

回答日:2017年9月25日

FP
長島 栄作
長島FP事務所