共有名義への変更~残債を債務者以外が返済した場合

2017年9月2日 カテゴリー : 不動産登記・境界

主人の名義でマイホームを購入し、ローンを組んで返済していました。
しかし、数年間から主人は長期療養が必要となったため、私が働いてローンを返済しています。

3,000万円のローンのうち、残債が1,600万円あたりから私の返済なので、私と主人の共有名義にできないでしょうか。

40代 女性

回答の入力

以下の項目を入力の上、最後に「送信する」ボタンをクリックしてください。
質問や相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社に限ります。
プロフィールの掲載はこちら

※印は入力必須項目です。

回答内容 ※

「ポイント」、「さらに詳しく」などのアイコンの使用が可能です。
使用できるアイコン
アイコン使用箇所の指示

写真・図表

×

回答者の情報
資格名
事務所名 ※
お名前 ※
メールアドレス ※

注意事項

  • 質問・相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社の方に限ります。
  • 個人、法人、不動産を特定できる情報並びに他人の権利及び利益を侵害する恐れのある情報の記載をすることはできません。
  • 入力情報(除:メールアドレス)は、インターネット上に公開されます。
  • 回答の内容によっては、掲載をお断りする場合があります。
  • 公開後、回答内容の変更及び削除は原則として行っていません。

利用規約

「RE_gardens」のご利用にあたり、以下の利用規約を遵守していただきます。

利用規約

送信内容をご確認後、「注意事項」及び「利用規約」に同意して頂いた場合、チェックを入れてください。

専門家の回答

司法書士 冨本 隆介 先生の回答

司法書士事務所 Karma legal Office

回答

今回のケースでは、所有者がご主人様(以後、Aとします)、債務者(ローンの名義人=返済する人)もAという不動産について1,400万円はAが支払い、完済するまで奥さん(以後、Bとします)が返済したとすると1,600万円をBが支払ったことになります。

ここで、仮に3,000万円の不動産を現金で1,400万円をAが払い、1,600万円をBが払うとすると、支払った金額に応じた持分で共有するのが原則です。
(この場合だと、Aが7/15、Bが8/15)もし共有名義にせずに、全てAの単独名義とすると実質1,600万円をBがAに贈与したことになり贈与税の問題が発生してきます。

しかし今回は、現金ではなくローンでお金を借り入れて支払いをしておりますので、一旦債務者は全てAさんであったところ、Bさんが途中から債務を弁済しているのでBさんは支払った金額をAさんに払ってもらうように請求できます。その金額の支払に代えてにその価値に相当する不動産の持分の名義を移すことが出来ます。この場合は、法律的には「代物弁済」という手段で、本来の支払の方法に代えて物で弁済をするというものです。

この代位弁済による方法により所有権一部移転の登記によって共有名義にすることが出来ます。

回答日:2017年9月2日

司法書士
冨本 隆介
司法書士事務所 Karma legal Office

同じカテゴリの相談

もっと見る →