住宅ローンの返済が苦しくなった時の対策

2017年7月31日
カテゴリー : ライフプラン・保険

10年前にマイホームを購入して、ローンを支払ってきました。

ここ数年、私の勤める会社が業績不振の状態で、ボーナスも大幅にカットされていたところ、毎月の給料も昇給の見込みもありません(場合によっては下がることも覚悟しています)。
また、子供が中学生で、学費がこれからかかると思います。

購入した時に決めた住宅ローンの支払が正直困難な状況にあります。
どうしたら良いかアドバイスをお願いします。

40代 男性

回答の入力

以下の項目を入力の上、最後に「送信する」ボタンをクリックしてください。
質問や相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社に限ります。
プロフィールの掲載はこちら

※印は入力必須項目です。

回答内容 ※

「ポイント」、「さらに詳しく」などのアイコンの使用が可能です。
使用できるアイコン
アイコン使用箇所の指示

写真・図表

×

回答者の情報
資格名
事務所名 ※
お名前 ※
メールアドレス ※

注意事項

  • 質問・相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社の方に限ります。
  • 個人、法人、不動産を特定できる情報並びに他人の権利及び利益を侵害する恐れのある情報の記載をすることはできません。
  • 入力情報(除:メールアドレス)は、インターネット上に公開されます。
  • 回答の内容によっては、掲載をお断りする場合があります。
  • 公開後、回答内容の変更及び削除は原則として行っていません。

利用規約

「RE_gardens」のご利用にあたり、以下の利用規約を遵守していただきます。

利用規約

送信内容をご確認後、「注意事項」及び「利用規約」に同意して頂いた場合、チェックを入れてください。

専門家の回答

FP 船津 正明 先生の回答

船津正明FP事務所

回答

失業や減給または家族のご病気などによって、住宅ローンの支払が困難になった場合、金融機関に相談してみてください。

一時的な収入の落ち込みで、すぐに収入が回復することが分かっている場合であれば、一時的な不足分を何らかの方法で補てんすることも考えられます。
しかし、多くの場合、収入の落ち込みや不測の多額の出費により、収入の回復の見込みが立たないと思われます。

近年では「返済条件の見直し」について、金融機関も柔軟に対応してくれるようになってきました。
住宅ローンの返済が困難だと分かったら、早く行動を起こすことが大切です。

補足

安易に消費者金融などでお金を借りて住宅ローンの返済をしても、返済のための借入を繰り返し、多重債務に陥ります。
また、勝手に住宅ローンの返済を止めること(延滞)は止めましょう。

回答日:2017年7月31日

FP
船津 正明
船津正明FP事務所

同じカテゴリの相談

2018.05.20
ライフプラン・保険個人信用情報のブラックリストとは?
2018.05.16
ライフプラン・保険個人信用情報とは?住宅ローンの審査で注意する点
2018.04.16
ライフプラン・保険個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」とは?
2018.04.10
ライフプラン・保険確定拠出年金とは?

もっと見る →