サブリースのメリット

2017年7月12日
カテゴリー : 不動産賃貸

所有している賃貸マンションについて、サブリース契約を締結しようと思いますが、メリットを教えて下さい。

40代 男性

回答の入力

以下の項目を入力の上、最後に「送信する」ボタンをクリックしてください。
質問や相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社に限ります。
プロフィールの掲載はこちら

※印は入力必須項目です。

回答内容 ※

「ポイント」、「さらに詳しく」などのアイコンの使用が可能です。
使用できるアイコン
アイコン使用箇所の指示

写真・図表

×

回答者の情報
資格名
事務所名 ※
お名前 ※
メールアドレス ※

注意事項

  • 質問・相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社の方に限ります。
  • 個人、法人、不動産を特定できる情報並びに他人の権利及び利益を侵害する恐れのある情報の記載をすることはできません。
  • 入力情報(除:メールアドレス)は、インターネット上に公開されます。
  • 回答の内容によっては、掲載をお断りする場合があります。
  • 公開後、回答内容の変更及び削除は原則として行っていません。

利用規約

「RE_gardens」のご利用にあたり、以下の利用規約を遵守していただきます。

利用規約

送信内容をご確認後、「注意事項」及び「利用規約」に同意して頂いた場合、チェックを入れてください。

専門家の回答

近藤プロパティ株式会社 宅地建物取引士 豊田 泉 さんの回答

回答

サブリースには、もちろんデメリットもありますが、家賃保証といった以下のメリットがあります。

サブリースのデメリット

空室リスクからの回避
賃貸マンションや賃貸アパートのオーナーからすれば、空室率が高くなり、赤字経営になるというリスクから解放され、常に所有物件を満室の状態に保つことができます。オーナーにとっては入居者対策が大きな問題であるため、これが最大のメリットといえるでしょう。 また、入居者の募集、家賃の設定や改定、入居者とのトラブルや賃貸マンションの管理にいたる煩わしい業務から回避されるメリットもあります。

※入居者側とのトラブルで訴訟になった場合においても、入居者と賃貸借契約を締結しているのは管理会社であるため、当事者(原告・被告)はあくまで入居者と管理会社となります。

消費税が非課税に
住居に関する家賃は消費税の対象になりません。 このため、サブリースの場合、オーナーと管理会社との契約は賃貸借であるため、家賃には消費税が発生しません。 なお、通常の管理委託の場合においては、オーナーと管理会社との契約はサービスに対する報酬(管理委託契約など)であるため、消費税が発生します。

確定申告の簡便さ
通常の場合、確定申告の手続きは各部屋の入居者名を記入する必要があります。 ただし、サブリース契約の場合は賃貸マンションの全ての部屋を一括して管理会社に賃貸しているため、借主は管理会社1名という扱いになり、確定申告に要する時間が大幅に短縮できます。

回答日:2017年7月12日