店舗付住宅の家賃の消費税の取扱

2017年7月8日
カテゴリー : 税金と不動産、不動産賃貸

この度、店舗付住宅(1階店舗・2階住宅)を貸すことになりました。
居住用の建物を一棟貸す場合の消費税は非課税と聞いていますが、一部が居住用である建物の消費税はどのような取扱いになりますか。

40代 男性

回答の入力

以下の項目を入力の上、最後に「送信する」ボタンをクリックしてください。
質問や相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社に限ります。
プロフィールの掲載はこちら

※印は入力必須項目です。

回答内容 ※

「ポイント」、「さらに詳しく」などのアイコンの使用が可能です。
使用できるアイコン
アイコン使用箇所の指示

写真・図表

×

回答者の情報
資格名
事務所名 ※
お名前 ※
メールアドレス ※

注意事項

  • 質問・相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社の方に限ります。
  • 個人、法人、不動産を特定できる情報並びに他人の権利及び利益を侵害する恐れのある情報の記載をすることはできません。
  • 入力情報(除:メールアドレス)は、インターネット上に公開されます。
  • 回答の内容によっては、掲載をお断りする場合があります。
  • 公開後、回答内容の変更及び削除は原則として行っていません。

利用規約

「RE_gardens」のご利用にあたり、以下の利用規約を遵守していただきます。

利用規約

送信内容をご確認後、「注意事項」及び「利用規約」に同意して頂いた場合、チェックを入れてください。

専門家の回答

税理士 東 健司 先生の回答

ALMA会計事務所

回答

住宅として貸している2階の部屋の家賃は非課税、店舗として貸している1階の家賃は非課税となります。

解説

住宅の貸付のみが非課税と規定されております。通達においては「建物の貸付けに係る対価の額を住宅の貸付けに係る対価の額と事業用の施設の貸付けに係る対価の額とに合理的に区分する」とありますが、今回のように異なる階で取り扱いが違う場合には、それぞれの家賃で判断していただいて差し支えありません。

【消費税法基本通達より】
消費税法基本通達6-13-5
住宅と店舗又は事務所等の事業用施設が併設されている建物を一括して貸し付ける場合には、住宅として貸し付けた部分のみが非課税となるのであるから留意する。

(注)この場合は、建物の貸付けに係る対価の額を住宅の貸付けに係る対価の額と事業用の施設の貸付けに係る対価の額とに合理的に区分することとなる。

回答日:2017年7月14日

税理士
東 健司
ALMA会計事務所