マイホームの購入について検討すべきこと

2017年7月4日
カテゴリー : ライフプラン・保険

2年前に2人目の子供が生まれて、今住んでいる賃貸マンションでは手狭になりました。

これから自宅の購入計画を立てようとしていますが、住宅ローンを支払きる自信がありません。
誰に相談したらいいでしょうか?

30代 女性

回答の入力

以下の項目を入力の上、最後に「送信する」ボタンをクリックしてください。
質問や相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社に限ります。
プロフィールの掲載はこちら

※印は入力必須項目です。

回答内容 ※

「ポイント」、「さらに詳しく」などのアイコンの使用が可能です。
使用できるアイコン
アイコン使用箇所の指示

写真・図表

×

回答者の情報
資格名
事務所名 ※
お名前 ※
メールアドレス ※

注意事項

  • 質問・相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社の方に限ります。
  • 個人、法人、不動産を特定できる情報並びに他人の権利及び利益を侵害する恐れのある情報の記載をすることはできません。
  • 入力情報(除:メールアドレス)は、インターネット上に公開されます。
  • 回答の内容によっては、掲載をお断りする場合があります。
  • 公開後、回答内容の変更及び削除は原則として行っていません。

利用規約

「RE_gardens」のご利用にあたり、以下の利用規約を遵守していただきます。

利用規約

送信内容をご確認後、「注意事項」及び「利用規約」に同意して頂いた場合、チェックを入れてください。

専門家の回答

FP 船津 正明 先生の回答

船津正明FP事務所

回答

まず、今の収入だけで返済可能かどうかについて単純計算を行って、安易に住宅ローンを組むと、将来苦労することになります。
セールスサイドの言葉を鵜呑みにしないことが重要です。

子供がいるご家庭は、①教育費がこれからいくら必要になるか、②夫婦2人の老後資金はいつから貯めるのか、といった面も良く検討した上で住宅ローンを組まないと後々後悔することになるので注意して下さい。

また、これから購入する家にいつまで住むのか?
マイホームので、ずっと住まれることを想定されていると思います。
しかし、もし購入した家に住めなくなり、賃貸に回すことが出来る物件なのか。 将来売却は出来そうな物件なのか?
いわゆる出口戦略も考えておく必要があります。

上記のような相談を公平な立場でアドバイス出来るのは独立系ファイナンシャル・プランナーです。

回答日:2017年7月4日

FP
船津 正明
船津正明FP事務所

同じカテゴリの相談

2018.05.20
ライフプラン・保険個人信用情報のブラックリストとは?
2018.05.16
ライフプラン・保険個人信用情報とは?住宅ローンの審査で注意する点
2018.04.16
ライフプラン・保険個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」とは?
2018.04.10
ライフプラン・保険確定拠出年金とは?

もっと見る →