フリーレントとは?メリットと注意点

2017年6月23日
カテゴリー : 不動産賃貸

開業して、事務所を借りようと思っています。
インターネットやチラシで、「フリーレント」という文字を見ますが、具体的にどういった条件ですか。
また、注意すべきことがあれば教えて下さい。

30代 男性

回答の入力

以下の項目を入力の上、最後に「送信する」ボタンをクリックしてください。
質問や相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社に限ります。
プロフィールの掲載はこちら

※印は入力必須項目です。

回答内容 ※

「ポイント」、「さらに詳しく」などのアイコンの使用が可能です。
使用できるアイコン
アイコン使用箇所の指示

写真・図表

×

回答者の情報
資格名
事務所名 ※
お名前 ※
メールアドレス ※

注意事項

  • 質問・相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社の方に限ります。
  • 個人、法人、不動産を特定できる情報並びに他人の権利及び利益を侵害する恐れのある情報の記載をすることはできません。
  • 入力情報(除:メールアドレス)は、インターネット上に公開されます。
  • 回答の内容によっては、掲載をお断りする場合があります。
  • 公開後、回答内容の変更及び削除は原則として行っていません。

利用規約

「RE_gardens」のご利用にあたり、以下の利用規約を遵守していただきます。

利用規約

送信内容をご確認後、「注意事項」及び「利用規約」に同意して頂いた場合、チェックを入れてください。

専門家の回答

近藤プロパティ株式会社 宅地建物取引士 豊田泉 さんの回答

回答

フリーレントとは、一定期間の賃料が無料になる契約形態を言います。

メリット
借主にとって、長期的に見れば、賃料が安くなったことと同じ効果があります。 また、オーナーにとっても家賃を値下げせずにすみ、入居者が決まりやすく、空室を早く埋めることができるメリットもあります。

注意点
①違約金
一般にフリーレント物件には、契約期間が設定されています。 すなわち、最低限入居しなければならない期間が設定されていて、期間内に退去した場合、違約金が発生します。

②管理費・共益費
フリーレント期間中の賃料が無料と言えども、管理費や共益費が必要な場合もあります。

補足

フリーレント物件を見つけたら、まずは契約期間を確認し、長期的な観点から家賃を計算することをお勧めします。

例)賃料10万円の事務所を24か月借りる場合
(A)通常
240万円=10万円×24か月
(B)フリーレント契約(フリーレント期間:2か月)
220万円=10万円×22か月

トータルで考えると、約91,700円(※)
91,700円≒220万円÷24か月

この計算した賃料が周辺相場と同等かそれ以下であれば、妥当な物件と言えるでしょう。

回答日:2017年6月23日