教育資金の額と貯め方

2017年6月5日
カテゴリー : ライフプラン・保険

現在4歳の子供がいます(一人)。学資保険を掛けており、大学入学時には200万円用意はできる予定となっています。
住宅ローンもあり、子供が成長するに従って、実際にどのくらい教育資金が必要なのか不安になってきました。また、学資保険で足りない場合の対処法も教えて頂けますか。

30代 女性

回答の入力

以下の項目を入力の上、最後に「送信する」ボタンをクリックしてください。
質問や相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社に限ります。
プロフィールの掲載はこちら

※印は入力必須項目です。

回答内容 ※

「ポイント」、「さらに詳しく」などのアイコンの使用が可能です。
使用できるアイコン
アイコン使用箇所の指示

写真・図表

×

回答者の情報
資格名
事務所名 ※
お名前 ※
メールアドレス ※

注意事項

  • 質問・相談への回答は、「RE_gardens」にプロフィールを掲載して頂いている専門家・不動産会社の方に限ります。
  • 個人、法人、不動産を特定できる情報並びに他人の権利及び利益を侵害する恐れのある情報の記載をすることはできません。
  • 入力情報(除:メールアドレス)は、インターネット上に公開されます。
  • 回答の内容によっては、掲載をお断りする場合があります。
  • 公開後、回答内容の変更及び削除は原則として行っていません。

利用規約

「RE_gardens」のご利用にあたり、以下の利用規約を遵守していただきます。

利用規約

送信内容をご確認後、「注意事項」及び「利用規約」に同意して頂いた場合、チェックを入れてください。

専門家の回答

FP 船津 正明 先生の回答

船津正明FP事務所

回答

①まずは最悪の場合(ALL私立コース等)も想定して準備する目標金額を設定します。
そしてそれを何年間で貯められるか計画を立ててみてはいかがでしょうか(毎月いくら積立てるという所まで決める)。

②現状ではマイナス金利の影響で保険商品での積立が非常に不利なので、それ以外の金融商品での運用を検討してみてください。
リスクを取りたくない人は定期預金で良いと思います。

③少しでも運用に関する知識があれば、ジュニアNISA制度を活用もお勧めします。。
年間1人当たり80万円までは非課税で運用が可能です。ただし、子供が18才までは取崩せないことに留意する必要があります。

④正しい金融知識と運用方法を活用すれば、ジュニアNISA制度を活用して投資信託による積立投資が非常に有効と思われます。。
なお、金融知識がない方は専門家(独立系FP)によるレクチャーをお勧めします。

回答日:2017年6月5日

FP
船津 正明
船津正明FP事務所