和歌山県の地域情報

和歌山 和歌山市  海南市  紀美野町
紀北 紀の川市  岩出市  橋本市  かつらぎ町  九度山町
高野町
紀中 有田市  御坊市  印南町  日高町  日高川町
みなべ町  美浜町  由良町  有田川町  広川町
湯浅町
紀南 田辺市  新宮市  上富田町  白浜町  すさみ町
北山村  串本町  古座川町  太地町  那智勝浦町

1.和歌山県内の価格と動向

平成28年地価公示は過去一年(平成27年)の地価動向を分析しています。

1)和歌山県全体の住宅地の価格動向

和歌山県の住宅地の価格変動率

国土交通省HP「平成28年度地価公示」より抜粋率

和歌山県全体としての住宅地の対前年の平均変動率は、▲2.0%であり、ここ数年は下落率の縮小傾向が見られます。
全般的に地価下落圧力は弱まってきていますが、地域の経済基盤の弱さもあり、海岸線に近いエリアは需要が減退し続けています。農漁村集落及びこれに準じる地域では選好性がもともと低く、地域格差が大きい傾向にあります。
北部和歌山市周辺は下落率が小さく、縮小傾向にあるものの、中南部、紀の川沿いの内陸、山間部に行くにつれて下落率が大きくなっています。また、かかる傾向は海岸線に近いエリアや利便性の劣るエリアも同様であると言えます。ただし、長期にわたる不動産価格の下落により底値感や値ごろ感も見られ、大きな下落は収束してきているようです。

【市域における地価動向】
市域全体の対前年変動率は、▲1.7%であり、前年(▲2.3%)に比べると下落率は縮小傾向にあります。
【田辺市】
前年に引き続いて上昇していますが、その上昇の勢いは弱まっています。+1.5%(H28)←+1.9%(H27)。
【岩出市】
上昇から下落に転じました▲1.5%(H28)←+1.2%(H27)。これは、普通住宅地域が供給過剰感もあり、横ばいに転じたこと、既成集落エリアは需要が周辺の分譲住宅地域に流出して下落率が拡大したことが原因であると考えられます。

【町域における地価動向】
町域全体の対前年変動率は、▲2.7%であり、前年(▲3.4%)に比べると下落率は縮小傾向にあります。ただし、不動産価格の根底には、人口減少と高齢化の進展があることに留意する必要があります。
【上富田町】
人口が僅かながら増加傾向にあることもあり、昨年と同率の+0.9%であり、小幅ながら上昇基調です。
【那智勝浦町】
下落傾向が継続しています▲1.8%(H28)←▲1.7%(H27)。ただし、H23年9月の大水害からの復興が進んだこともあり、長期的に見れば下落率は小さくなってきています。

2)和歌山県全体の商業地の価格動向

和歌山県の商業地の価格変動率

国土交通省HP「平成28年度地価公示」より抜粋率

和歌山県全体としての商業地の対前年の平均変動率は、▲1.3%であり、前年(▲2.1%)に比べると下落幅が縮小しています。
和歌山市と岩出市が上昇に転じています。紀の川市は唯一下落率が拡大となっている他、大半が下落傾向が継続しているものの、その下落幅は縮小しています。
県北部では、大阪などの大都市圏から需要の波及、景況感の改善が基本にあるものの、高速道路や幹線道路といったインフラ改善効果もあると思われます。依然として下落傾向が根強い地域も見られますが、基本的に経済基盤の弱い地域もあり、地場産業の不振が影響していると考えられます。また、既存の商店街から幹線道路沿いへの顧客流出の傾向が続いており、高速道路延伸により、県外や隣接市町への顧客流出を招いた地域もあります。

【市域における地価動向】
岩出市は上昇に転じました。+0.7%(H28)←±0.0%(H27)。中紀地区の有田氏が▲4.1%、御坊市が▲3.3%となお下落傾向が強く、紀の川市も▲3.2%であり、改善の傾向が見られません。新宮市は熊野地域の中心都市として復興の進展と公共事業等による景況感の改善等により不動産価格は、▲1.6%(H28)←▲4.6%(H27)となっており、回復傾向が見られます。

【町域における地価動向】
町域全体において下落傾向は継続していますが、その下落幅は縮小しています。
湯浅町で▲4.7%が最大の下落です。H23年の大水害からの復興工事需要、本年開催された国体がらみの公共事業により、紀南地方では建設業の景況感が良かったものの、業種に偏りがあり、今後は足元の径駅の弱さから、下落傾向の継続が予測されます。

3)和歌山県の最高価格地・上昇率1位・下落率1位

和歌山県の最高価格地

国土交通省HP「平成28年度地価公示」より抜粋
※変動率下段(  )は前回公示の変動率
以下同様

和歌山ー4:利便性、施設への接近性が良好であり、従前より選好性の高い住宅地として知られている。
和歌山5-1:和歌山市内の中心商業地は上昇している地点が多くなっているが、価格水準から上値は重いと思われる。

和歌山県の上昇率1位

田辺ー1:利便性の良好な高台の住宅地であり、希少性が高いため、上限感も出てきているが、依然として強含みである。
和歌山5-21:幹線道路の整備が進み、商況も改善傾向にあると思われる。

和歌山県の下落率1位

湯浅-1:海岸に近く、狭い幅員の既成市街地であり、下落率が大きい。
御坊5-1:やや密集した既成市街地の商店街であり、顧客流出が著しい。

4)県庁所在地(和歌山市)

和歌山市の住宅地は、不動産価格に値ごろ感が出て来はじめたことや幹線道路等のインフラ整備による利便性の向上等が見られます。こうした中、足元の景気動向にやや勢いはないものの、大都市圏に比べて、遅れていた景況回復感の波及もあり、住宅地全体として平均は▲1.2%となり、下落率は縮小傾向にあります。うち、上昇地点は従来より定評のある選好性の高いエリアのみならず、中心部周辺のエリアにも広がっており、上昇地点が増加しています。一方、下落率の拡大は、海岸部の集落や街路条件の悪いエリアとなっています。
和歌山市の商業地は全体として、対前年変動率+0.6%となっており、昨年の横ばいからわずかながら上昇に転じました。大都市における収益物件が利回りが低下しており、県外から和歌山駅周辺の限られた地域における物件への需要も見られました。ただし、こうした取得競争が不動産価格への影響をけん引するほどでもなく、上昇地点について上昇率がさらに拡大するような力強さは見られないでしょう。直近の景気改善傾向の流れもありますが、アーケード商店街を除いた中心市街地で底値感も形成されつつあります。

県庁所在地の最高価格地・上昇率1位・下落率1位

国土交通省HP「平成28年度地価公示」より抜粋
※変動率下段(  )は前回公示の変動率

2.和歌山県の概要

和歌山県は紀伊半島の南西部に位置し、南で太平洋に面しています。面積は約4,726平方キロメートルで、国土の約1.27パーセントを占めています。人口は約99万人です。和歌山市に県の人口の約3分の1以上が集中しています。

気候は、北部は瀬戸内海気候区に、南部は黒潮の影響を受ける南海気候区にそれぞれ属しています。

北部南部ともに一年を通じて温暖な気候ですが、山地部の高山地帯では冬季の気温は低く、厳しい気候になっています。

年間降水量は、北部及び紀伊水道沿岸部で1,500~2,000mm程度、南部は2,000mm以上となり、山地では3,000mmを越える我が国有数の多雨地帯があります。

和歌山市や海南市を中心とした北部地域では、沿岸部に住友金属工業などの鉄鋼業や精油所、発電所などの大規模コンビナートが存しています。

橋本市周辺は、南海電鉄で大阪都心部と直結していることにより、大規模なベッドタウンとなっています。和歌山市北部も、南海電鉄、JR阪和線により大阪都心部に通勤可能な地域となっています。

農業については、県全域で果樹栽培が盛んであり、特に県中部でのみかん栽培や紀州梅などの特産品は全国的に有名です。そのほか水産業、林業も盛んです。

歴史的には、奈良時代から和歌浦への行幸が行われ、平安時代に入り、816年に空海が高野山に金剛峰寺を建てました。 907年に宇多法皇の行幸に始まった熊野詣は白河上皇以後盛んに行われるようになりました。江戸時代に入り、紀州藩が徳川御三家となったのは1619年二代将軍の徳川秀忠のとき、家康の10男頼宣が55万5千石の藩主になってからのことです。以後和歌山は大藩の城下町として繁栄しました。

明治時代に入り、1871年の廃藩置県により 和歌山県、田辺県、新宮県の3つの県が設置されましたが、その後、この3県が合併して現在の和歌山県になりました。旧紀伊国の大部分がその区域となっています。

昭和の高度成長と共に、産業では繊維産業から鉄鋼、石油工業といった重化学工業など大きく進展しました。また、平成に入り、平成16年(2004年)に世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」が誕生し国内外から大きな注目を集めています。