西部エリア

畝傍山や貝吹山をはじめとして良好な田園風景などの自然、橿原神宮や新沢千塚古墳群などの歴史的景観に恵まれています。

このエリアのほとんどは農地や樹林地から構成されており、市街化調整区域が多く見られます。
曽我川沿いや貝吹山などの山麓の緑豊かな環境と農村集落が広がっています。
ただし、京奈和自動車道の沿道となっており、南西部にインターチェンジが整備されることから、無秩序な住宅開発が見られます。

交通利便性が劣るため、一般的に自家用車での移動が中心になりますが、地域住民の身近な交通手段を確保するため、コミュニティバスの運行などの改善が期待されます。

2016年、橿原の新沢千塚古墳群公園の中核施設として川西町に「シルクの杜」がオープンしました。隣接するクリーンセンターの熱を有効に利活用するための新たな施設で市民の交流やスポーツ施設が設置されています。また、南側には地元の農産物などを販売する集客施設が併せてオープンしています。

なお、奈良県自然環境保全条例により、新沢千塚を中心とした古墳群や貝吹山を主峰とする森林及び丘陵地の保全が図られています。

橿原市川西町周辺

川西町周辺