橿原神宮前エリア

「橿原神宮前」駅を擁し、商業・業務機能などが集中しており、橿原市のサブ拠点としての役割を担っています。
「畝傍御陵前」駅は広域拠点を結ぶ地点に位置し、商業施設や公共施設が集積しています。

幹線道路は、国道169号の利用が中心となっており、混雑も見られます。

白樫町・五条野町・菖蒲町は計画的に開発された大規模な住宅団地でです。昭和時期の開発であり、建築時期は古いものの、区画が整然としており、良好な低層住宅地が整備されています。特に、畝傍東小学校や畝傍南小学校の校区は人気があるようです。
なお、エリア北部では、無秩序に住宅開発が行われた箇所も見られます。

また、橿原市周辺の山間地に住所を有する学生は通学が困難であるため、橿原神宮前駅に高校生を対象とした、畝傍寮(男子寮)、かぐやま寮(女子寮)といった寄宿舎があります。

橿原神宮などの歴史的資源、貝吹山景観保全地区などの自然環境が点在するエリアです。

橿原神宮と橿原市白橿町

(右)橿原神宮   (左)白橿町