京都府の地域情報

目 次
  1. 京都府内の価格と動向
    1. 京都府全体の住宅地の価格動向
    2. 京都府全体の商業地の価格動向
    3. 京都府の最高価格地・上昇率1位・下落率1位
    4. 府庁所在地(京都市)
  2. 京都府の概要
基本データ
面 積 4613.21k㎡
人 口 2,581,783人(2019.4)
人口増減率 ▲1.2%(対2014年比)

京都府推計人口など

京都 京都市
北区  上京区  左京区  中京区  下京区
右京区  西京区  南区  伏見区  東山区
山科区
山城中部 長岡京市  宇治市  城陽市  八幡市  大山崎町
久御山町
山城南部 京田辺市  木津川市  笠置町  精華町  南山城村
和束町  井手町  宇治田原町
丹後 京丹後市  宮津市  伊根町  与謝野町
中丹 舞鶴市  福知山市  綾部市
南丹 亀岡市  南丹市  京丹波町

1.京都府内の価格と動向

平成31年地価公示は過去一年(平成30年)の地価動向を分析しています。

1)京都府全体の住宅地の価格動向

京都府の住宅地の価格変動率

国土交通省HP「平成31年度地価公示」より抜粋率

京都府全体・住宅地は、前年より微増傾向がやや強まりました。
京都市は11区のうち、山科区以外の10区が上昇となりました。

【京都市以外の概況】
京都市以北では、上昇となったのは亀岡市のみで、それ以外は全て下落しています。特に京丹波町は北部で唯一下落幅が大きくなっています。
京都市以南では、従来より需要が安定していた乙訓地区のうち長岡京市は上昇幅が大きくなっており、向日市も同様の動きを見せています。また、山城地区では、2市町が微増、2市町が横ばい、5市町が微減傾向となりました。

2)京都府全体の商業地の価格動向

京都府の商業地の価格変動率

国土交通省HP「平成31年度地価公示」より抜粋率

京都の観光産業の好調さ、すなわちインバウンドを背景とし、前年と比べてさらに上昇幅が拡大しました。京都市内では100地点のうち、97地点が上昇しています。

【京都市以外の概況】
京都市以外では、向日市、長岡京市、京田辺市で平均変動率が上昇しています。宇治市は上昇幅が弱まりました。城陽市、南丹市、木津市、宇治田原町では横ばい、その他の地域では下落基調が継続しています。

3)京都府の最高価格地・上昇率1位・下落率1位

京都府の最高価格地

国土交通省HP「平成31年度地価公示」より抜粋
※変動率下段(  )は前回公示の変動率
以下同様

上京-3:御所西の居住環境や稀少性に加え、インバウンド向けの宿泊需要が底堅く、不動産市場の超過需要の状況が継続。
下京5-1:依然として観光客で賑わうエリア。四条通への出店意欲は堅調に推移。有名IT専門店も烏丸通に近い四条通へ出店している。

京都府の上昇率1位

左京-3:観光地に近接しているものの、住宅地の品等が良好。今後、用途の多様化する可能性あり。
東山5-7:インバウンドの影響が集中するエリア。店舗の超過需要が継続している。

京都県の下落率1位

京丹波-1人口のみでなく、世帯数の減少による集落地の地価下落。太陽光用地の増加による地域環境の低下により価格は下落傾向。
京丹波5-1:人口のみでなく、世帯数の減少による集落地の地価下落。京都縦貫道により通過路線となった影響が継続する。

4)府庁所在地(京都市)

【住宅地】
交通利便性・生活利便性の良好な地下鉄沿線、観光性のあるエリアなどの需要は堅調に推移しています。一方、利便性の劣るエリアの需要の減少は顕著であり、価格は下落傾向が継続しています。

【商業地】
インバウンドに押された観光産業の好調を背景とし、東山区をはじめとして全国からの出店意欲が旺盛であり、地価上昇に拍車がかかっている状況にあります。オフィスビルについては、事務所ビルからホテルへの建替えも散見されます。また、新規オフィスの供給は無いため、空室率が極めて低い状況にあり、賃料も上昇傾向が見られます。

府庁所在地の最高価格地・上昇率1位・下落率1位

国土交通省HP「平成31年度地価公示」より抜粋
※変動率下段(  )は前回公示の変動率

2.京都府の概要

京都府は、北は日本海と福井県、南は大阪府、奈良県、東は三重県、滋賀県、西は兵庫県と接しています。南北に細長い形をしており、そのほぼ中央に位置する丹波山地を境にして、社会・経済的に異なった圏域が形成されています。

京都府南部の地域は桂川、宇治川、木津川の三川合流を要に山城盆地が広がっています。中丹地域から中部地域は大部分が山地で、丹波山地を源に桂川水系、由良川水系に分かれ、その流域には、亀岡、福知山盆地のほか小盆地が点在します。丹後・中丹地域の海岸線は、変化に富むリアス式海岸で、豊富な景勝地や天然の良港に恵まれています。

面積は約4,613平方キロメートルと、国土の約1.2%を占めており、47都道府県中31番目の大きさです。人口は260万人を超えています。

気候は丹波山地を境にして、日本海型と内陸型に分かれています。北部の気候は日本海型で、冬季は降雪が多く、山間部は寒さが厳しいですが、沿岸部は比較的温暖です。夏季は晴天が多く、暑さもやや弱いため、避暑地として多くの海水浴客を集めています。一方、南部は内陸型の温暖な気候です。

歴史的には山城盆地地域は、794年桓武天皇が平安京をこの地に定めてから明治のはじめまで一千年余りの間、常に日本の政治・経済・文化の中心として発展してきました。

京都府がはじめて設けられたのは1868年、その時はまだ旧山城国の地域のみでした。その後、1871年の廃藩置県により、京都府の区域は、山城国全部と京都の中央部である旧丹波国の桑田、船井、何鹿の三郡になりました。ついで、明治9年(1876年)に丹後五郡と旧丹波国の国天田郡が併合され、今の京都府になりました。

京都盆地周辺部の主要な産業として、まず観光が挙げられますが、古くから製造業(工業)も盛んです。西陣織、友禅染、京焼に代表されるような伝統的な工業、そして京セラ、任天堂、島津製作所や、オムロン、ロームといった現代的なハイテク工業が京都の屋台骨を支えています。さらに、京都には、多数の大学や短期大学、そのほかの学術機関があり、「学生のまち」としても知られており、産学公の連携も活発に行われています。中丹地域では農業・林業が、舞鶴港を擁する丹後地域では、伝統工業のほか漁業・海運業も盛んです。

古くから日本の文化・政治の中心であり、今後も国際文化・観光都市としての発展のみならず、伝統工業やハイテク産業の集積地としても発展していくことが期待されます。