日生ニュータウンエリア(伏見台・松尾台)

日生ニュータウンは、川西市北部及び猪名川町南部の2つの市町にまたがって位置する住宅地です。

日生ニュータウンは、日本生命グループの不動産会社である新星和不動産を事業主として、昭和50年代に開発が着手されたものであり、インフラ整備が先行した猪名川町側が先行して分譲され、川西市側は、平成になってから分譲が開始されました。

日生ニュータウンの最大の特徴は、開発にあたって既存の鉄道である能勢電鉄をニュータウン内まで、約2.6kmわたって「日生線」として、事業主の負担により延伸させて「日生中央」駅を設置したことにあります。

また、日生ニュータウンは、伏見台1丁目から5丁目・松尾台1丁目から4丁目の2地区からなっています。
日生ニュータウンでも、猪名川町側は、平成になってから入居が始まった川西市側とは異なり、昭和から入居が始まっているため、両地区ともに、すでに街並みは成熟しており、最近では建替えも多く見られるようになってきています。

伏見台地区は、傾斜が比較的緩やかであるとともに、1丁目から2丁目にかけては、ほぼ駅徒歩圏内に位置しているため人気が高いですが、3丁目から5丁目にかけては、バス便の利用となり、やや人気が劣ります。
松尾台地区は、ほぼ全体的に、駅からフラットな道のりであり、こちらも比較的人気が高い。

学校については、小学校が日生ニュータウン内の松尾台に松尾台小学校がありますが、中学校は日生ニュータウン外の原地区に位置する中谷中学校に通学することになります。
商業施設については、「日生中央」駅に阪急オアシスを核店舗とする「サピエ」があります。

伏見台1、伏見台2、伏見台3、伏見台4、伏見台5、松尾台1、松尾台2、松尾台3、松尾台4