市街地エリア(屋敷町・天神・西山・南が丘地区)

三田市の市街地エリアとしては、屋敷町・天神・西山・南が丘地区などがあります。
これらは、いずれもJR「三田」駅の南西に位置する古くからの住宅地域となっている。

屋敷町は、旧の城下町であった三田市の三田地区を代表する著名な住宅地域であり、区画整然とした街区にゆったりとした戸建住宅が多く見られます。

天神地区は、天神1丁目から3丁目で構成されています。
天神1丁目は、三田市役所から続くふれあい大通り沿いに「郷の音ホール(三田市総合文化センター)」や兵庫県三田庁舎などの行政機関が集積する中核地域となっています。
天神2丁目や3丁目は、有馬高校をはじめとする教育施設のほか区画整理された住宅地域が見られる地域となっている。

西山地区は、西山1丁目から2丁目で構成されています。
西山1丁目には区画整理された住宅地域が広がっていますが、西山2丁目は、少し丘陵地となっており、入り組んだ街区のなかに古くからの住宅地域が見られます。

南が丘地区は、南が丘1丁目から2丁目で構成されています。
南が丘1丁目は、JR「三田」駅とフラワータウンとの間を結ぶ県道沿いに郊外型店舗が多く見られるほか、その背後では戸建住宅やハイツが多く見られる住宅地域となっています。
南が丘2丁目は、三田市立図書館や三田学園などの教育施設が配置されています。

交通施設については、JR「三田」駅が最寄りの駅となっており、当駅から路線バスが連絡しています。
また、商業施設については、これらの地区内の幹線道路沿いに郊外型の店舗が見られるものの、大きなものは少なく、北摂三田ニュータウン内の大規模商業施設を利用することが多いでしょう。

屋敷町、天神1、天神2、天神3、西山1、西山2、南が丘1、南が丘2