川西能勢口駅南エリア

川西能勢口駅南エリアは、主として川西市の中南部の平坦地または台地上に位置する住宅地となっています。
阪急「川西能勢口」駅、JR「川西池田」駅から近く生活利便性・交通利便性が良好となっています。

また、教育施設については、各住宅地により、小学校は川西小学校・加茂小学校に、中学校は川西中学校・川西南中学校に通学することになります。

小花1小花2栄根1栄根2南花屋敷1南花屋敷2南花屋敷3南花屋敷4

小花1丁目(おばな)・小花2丁目

阪急「川西能勢口駅」駅と国道176号の南側を中心とする地域。
「川西能勢口駅」駅界隈と国道176号沿道には、店舗や事務所ビルなどが見られますが、国道より南側は既成の住宅地の他、中規模の工場や倉庫などが見られます。
また、最近では中規模なマンション開発も行われています。
地勢は平坦となっています。

栄根1丁目(さかね)・栄根2丁目

県道川西篠山線を中央にして東西に広がる地域で、既成の住宅地が多く見られます。
栄根1丁目は戸建住宅を中心とする住宅地域が形成されています。
栄根2丁目も戸建住宅の他、JR「川西池田」駅に近接した点を活かしてマンションも混在する住宅地域が形成されています。また、駅周辺には飲食店舗やコンビニ、銀行といった店舗が見られます。

南花屋敷1丁目(みなみはなやしき)・南花屋敷2丁目・南花屋敷3丁目・南花屋敷4丁目

JR「川西池田」駅の南方に広がる地域で田畑も残されたのどかな雰囲気があります。
平坦な地勢の南花屋敷1丁目・4丁目界隈と、台地上にある南花屋敷2丁目・3丁目界隈とに分かれます。
散発的に開発されたミニ分譲地が多く見られる地域です。特に最近では「川西池田」駅の徒歩圏内に位置するという利便性の良さを売りにしたミニ開発地が多く見られます。