川西能勢口駅西エリア

川西能勢口駅西エリアは、いずれも川西市の中西部の高台に位置する住宅地となっています。
これらの各住宅地は、事業主や開発時期が異なるものの、いずれもすでに十分に成熟した住宅地域が形成されています。その中でも花屋敷・寺畑は高級住宅地として名声の高く、人気があります。

教育施設については、各住宅地により、川西小学校・川西北小学校・桜が丘小学校と通学区域が異なりますが、中学校はすべて川西中学校に通学することになります。

霞ヶ丘1霞ヶ丘2寺畑1寺畑2花屋敷1花屋敷2花屋敷山手町松が丘町

霞ヶ丘1丁目(かすみがおか)・霞ヶ丘2丁目

県道川西篠山線の西側背後に位置しており、やや小高い台地にあるため、「川西能勢口」駅からは一部傾斜も見られます。
中規模な戸建住宅が建ち並ぶ緑豊かな閑静な住宅地域が形成されています。

寺畑1丁目(てらはた)・寺畑2丁目

南向きの傾斜地に住宅地域が形成されていますが、その傾斜はきつくなく、台地上に大規模な邸宅も見られるなど、高級住宅地の雰囲気を醸し出しており、名声の高い住宅地となっています。
ただし、一部では道路の幅員が狭く、入り組んだ様相を呈している箇所も見られる他、散発的に開発された小規模な住宅地も見られます。
阪急宝塚線「川西能勢口」駅、「雲雀丘花屋敷」駅の他、JR「川西池田」駅も利用圏内にあります。

花屋敷1丁目(はなやしき)・花屋敷2丁目

阪急宝塚線「川西能勢口」駅、「雲雀丘花屋敷」駅からおおむね徒歩圏内に位置する名声の高い住宅地域が形成されています。ただし、一部では、道路の幅員が狭く、入り組んだ様相を呈している箇所が見られる他、散発的に開発された小規模な住宅地が散見されます。
花屋敷1丁目には、ややアップダウンがあるものの、戸建住宅とマンションが混在する閑静な住宅地域が広がっています。花屋敷2丁目は南向きの傾斜地に住宅地域が形成されているものの、その傾斜はきつくなく、マンションの他、大規模な邸宅も見られます。

花屋敷山手町(はなやしきやまてちょう)

宝塚市の花屋敷荘園と連続して、山手の急傾斜地に切り開かれた高台の住宅地です。
緑豊かな環境の中、邸宅も見られます。
標高の高さにつれて、道路がジグザグ状にカーブしている箇所もあり、冬期の自動車の登坂は困難になることもあります。

松が丘町(まつがおかちょう)

宝塚市の花屋敷荘園と連続して、山手の急傾斜地に切り開かれた高台の住宅地です。
緑豊かな環境の中、邸宅も見られます。
標高の高さにつれて、道路がジグザグ状にカーブしている箇所もあり、冬期の自動車の登坂は困難になることもあります。