清和台エリア

清和台は、川西市北西部に位置する住宅地です。
当タウンは、進和不動産を事業主として、昭和40年代に開発されました。また、清和源氏ゆかりの多田院近くに建設されたことから、「清和台」と名付けられました。

清和台には、いわゆる最寄駅はなく、阪急宝塚線「川西能勢口」駅から、県道川西篠山線を北走する阪急バスに乗り換えるという移動方法が一般的となっています。ただし、この路線を走る阪急バスは高頻度運転をしており、バス移動による不便さはあまり感じられないでしょう。
また、清和台は、川西市中北部のニュータウンの中では、最も平坦地が多く、タウン内に傾斜がほとんど見られません。
こうした環境にあるため、バス便でありながらも、川西市のニュータウンの中では比較的人気が高いと言えます。

清和台は、持家の戸建住宅、分譲マンション、賃貸マンション、社宅などが混在し、団地の中央には大規模な地区センターがあります。近年においても社宅跡地や遊休地を生かし、住宅供給が行われています。

教育施設については、当タウン内の清和台小学校(清和台東2丁目)が、清和台南小学校(清和台西5丁目)があり、清和台中学校(清和台西2丁目)があります。

商業施設については、タウン内中央の清和台東3丁目に、阪急オアシスを核店舗とする「ガーデンモール清和台」、金融機関がある他、幹線道路沿いにはコンビニや飲食店があるため、生活利便性は良好となっています 。


【ふるさと団地再生モデル基礎調査業務(平成23年度)抜粋:川西市】

  • 人口
    清和台東では昭和60年から平成年7年まで減少傾向、平成12年から増加に転じたのに対し、清和台西は平成7年をピークに減少傾向。
    この30年間で清和台東3丁目、清和台西4丁目において著しい人口の増加が見られる。一方、清和台5丁目、清和台西1丁目では人口が15%以上減少している。
    この10年間では清和台東4丁目で大幅に増加、清和台西5丁目で約17%減少している。
  • 世帯数
    この30年間で、清和台東3丁目、清和台西4丁目において著しく世帯数が増加している。この10年間では、すべて増加しているものの、清和台東2丁目は大きな変化は見られない。
  • 高齢化率
    昭和55年に3%程度だった高齢化率は、平成22年に清和台全体で約27%へと急激な上昇を見せている(平成22年には川西市平均を上回った)。
    また、15歳未満の年少人口比率は約16%でああり、川西市の平均と同程度である。
    最も高齢化が顕著なのは、清和台東5丁目(約42.5%)であり、高齢化率が低いのは清和台東4丁目となっている(平成22年)。
  • 住宅戸数
    住宅戸数5,505戸(うち空家・空き店舗は159戸)。
    清和台東2丁目では共同住宅の空家率が最も高い(約17%)。
    ただし、清和大全体としては空家は比較的低い。

清和台西1、清和台西2、清和台西3、清和台西4、清和台西5、清和台東1、清和台東2、清和台東3、清和台東4、清和台東5