産業道路以西~千僧エリア

阪急「伊丹」駅の北西方、国道171号や県道尼崎池田線(産業道路)といった幹線道路沿いには各種店舗などが建ち並んでいますが、その背後において戸建住宅、アパートやマンションなどが広がるエリアとなっています。

千僧などには、ところどころ西国街道(※)沿いのたたずまいを見せる町家風の家屋などが残されています。
桜ケ丘周辺は道路の幅員もゆったりとして区画も整然としており、すっきりした街並みが形成されていますが、その他の地域では道路の幅員が狭く、蛇行する部分が見られるところもあります。
地勢は概ね平坦ですが、春日丘の東端は東に向かって下り傾斜が見られます。

エリアの北西方に大型商業施設「イオンモール伊丹昆陽」をはじめとして周辺に点在している他、病院や市役所も近くにあるため生活利便性は良好です。
また、阪急「伊丹」駅から徒歩10分圏程度のところもあるものの、全体としては少し距離があります。しかしエリア内にはバスの運行がありますし、国道171号や県道「尼崎池田線(産業道路)」がすぐ近くに走っているため車での移動がスムーズです。

周辺にはある関西屈指の渡り鳥の飛来地として知られる昆陽池公園では多くの水鳥を観察できる他、遊具が設置された広場があり、子供たちが遊ぶ姿が多く見られます。また、池の周囲では散歩やジョギングなどを楽しむこともできます。

※西国街道(さいごくかいどう)
京都と西国(大宰府)を結ぶ街道として古くから利用されていました。「山陽道」「京道」「山崎通」とも呼ばれましたが、江戸時代以後は西国街道と呼ばれています。
江戸時代の参勤交代にも利用されたルートは現在の国道171号にほぼ並行しています。
昆陽は宿場町となり、本陣(大名、公家などの宿所)が置かれていました。

大鹿1、大鹿2、大鹿3、大鹿4、大鹿5、大鹿6、大鹿7、春日丘1、春日丘2、春日丘3、春日丘4、春日丘5、春日丘6、北園1、北園2、北園3、行基町1、行基町2、行基町3、行基町4、桜ケ丘1、桜ケ丘2、桜ケ丘3、桜ケ丘4、桜ケ丘5、桜ケ丘6、桜ケ丘7、桜ケ丘8、千僧1、千僧2、千僧3、千僧4、千僧5、千僧6、高台1、高台2、高台3、高台4、高台5