池尻・奥畑・松ケ丘・寺本エリア

伊丹市の西端から中央に広がるエリア。
西側は武庫川、東には昆陽池があり、水利的に恵まれた潤いのある旧集落としての街並みを有する住宅地域が形成されています。その他、住友電工伊丹製作所などの大規模な事業所から中小規模の事業所も見られます。

松ケ丘周辺など区画が整然としたところも見られますが、道路が狭くて入り組んだ住宅地といった様相を呈しているところも見られます。一部に新規の分譲も進んでおり、このような地域においては道路条件が良くなっています。
阪神淡路大震災では甚大な被害を被ったところも多く、特に池尻周辺(2丁目・6丁目付近)では地区計画が定められ、災害時の消火活動や利便性の向上なども考慮した主要道路の整備も計画されています。

エリア内には大型商業施設「イオンモール伊丹昆陽」をはじめとした買物施設、市立伊丹病院などの医療施設もあり、生活利便性は良好です。
西側の地域では尼崎市との市境付近に位置するため、阪急「武庫之荘」駅の方が近くなり、阪神「尼崎」駅など発着の私鉄系の路線バスの運行もあります。また、国道171号や県道42号線(尼崎宝塚線)が近いため車での移動もスムーズです。

周辺にはある関西屈指の渡り鳥の飛来地として知られる昆陽池公園では多くの水鳥を観察できる他、遊具が設置された広場があり、子供たちが遊ぶ姿が多く見られます。また、池の周囲では散歩やジョギングなどを楽しむこともできます。

池尻1、池尻2、池尻3、池尻4、池尻5、池尻6、池尻7、奥畑1、奥畑2、奥畑3、奥畑4、奥畑5、昆陽北1、昆陽北2、寺本1、寺本2、寺本3、寺本4、寺本5、寺本6、寺本東1、寺本東2、松ケ丘1、松ケ丘2、松ケ丘3、松ケ丘4