山本丸橋・山本野里・口谷エリア

阪急「山本」駅の南東方、伊丹市や川西市との市境付近に広がるエリア。
戸建住宅を主体として、マンションや県営住宅が見られる住宅地域です。地勢は平坦なため、自転車で気軽に出かけることもできます。

山本地区は江戸時代から続く植木産地であり、日本三大植木産地の一つとしてその名は全国に知られており、植木、花木、盆栽や観葉植物などが園芸業者により育成されています。こうした園芸事業により地域のいたる所に緑が見られ、街を自然豊かに彩っています。

山本野里には陸上自衛隊川西駐屯地があり、大規模な宿舎が併設されています。

また、道路が狭くなったり広くなったりするところや入り組んだ住宅地のようなところも見られる一方、新しく分譲されたところについては区画も整然とし、道路条件も良くなっており、住みやすい街が形成されつつあります。

鉄道駅は近くにないものの、阪急バスが運行している他、一部伊丹市営バスの運行もあります。
国道176号が近くにあり、車での移動がスムーズになるエリアでしょう。

なお、エリアの南側の一部は航空機の航路となっており、騒音対策として「住宅騒音防止事業」の指定を受け、住宅の防音工事等に対する助成が行われています。ただし、山本野里1丁目~3丁目は平成22年に全て指定が解除されました。

口谷西2、口谷西3、口谷東2、口谷東3、山本野里1、山本野里2、山本野里3、山本丸橋1、山本丸橋2、山本丸橋3、山本丸橋4