山本駅南西・JR中山寺駅周辺エリア

阪急「山本」駅の南西、阪急沿線より南で伊丹市との市境にわたるエリア。
JR「中山寺」駅の南側は土地区画整理事業が施行され、この地域はバスやタクシーが乗り入れるロータリー、食品スーパーやホームセンターなどが入る商業施設「グランドゲイト宝塚」ができるなどの変貌を遂げ、住宅地として人気のエリアとなっています。

周辺には農地なども残っている他、道路が狭くて蛇行する部分もありますが、新しい住宅地が広がりを見せ、開発が進んでいます。

山本地区は江戸時代から続く植木産地であり、日本三大植木産地の一つとしてその名は全国に知られており、植木、花木、盆栽や観葉植物などが園芸業者により育成されています。こうした園芸事業により地域のいたる所に緑が見られ、街を自然豊かに彩っています。

このエリアは阪急線とJR線の両方が利用できるので鉄道での利便性が高く、エリア近くで国道176号が東西に走る他、縦横に主要道路も走っているため車での利便性も良好です。
なお、エリアの東には花と緑の情報発信ステーション「あいあいパーク」があり、イギリスの美しい地方都市の17世紀ごろの建物が再現されており、お洒落な雰囲気を楽しむこともできます。

長尾町、中筋1、中筋2、中筋3、中筋4、中筋5、中筋6、中筋7、中筋8、中筋9、山本中2、山本中3、山本西2、山本西3、山本東2、山本東3、山本南1

山本東3丁目(やまもとひがし)

戸建住宅を主体としたエリアですが新しく分譲されたところも見られます。この他、造園業者が散見され、田畑も残っているため緑が多いのどかな印象があります。