宝塚駅周辺エリア

宝塚市における商業、業務、観光、文化などの機能を有する中核的な都心シンボルとしたエリアとなります。
阪急宝塚店などの店舗やレストランが入ったソリオ宝塚、マンションが武庫川沿いに建ち並んでおり、統一感がある美しい建物群となっています。
買物施設のみならず、宝塚駅前サービスステーションがあり生活利便施設が充実しているところが魅力です。

周辺には宝塚大劇場や花のみちなどがあり、緑も多く独特の華やいだ雰囲気を楽しむことができます。その他、宝塚ガーデンフィールズや手塚治虫記念館などもあり、いずれも宝塚市の内外から人が訪れています。

また、「宝塚」駅にはJR福知山線と阪急宝塚線及び今津線が乗り入れている他、バスについては宝塚市内を運行する便のみならず、空港バスも発着しており、中心都市としてふさわしい交通利便性を誇っています。

駅前は概ね平坦でマンションを中心に、また駅の北側は徐々に傾斜が見られる中で閑静な住宅地が広がっており、緑の多い環境にありながら生活利便性も良好な立地であり人気があるエリアと言えます。

川面1川面2川面3川面4川面5、 川面6、 御殿山1御殿山2御殿山3、 栄町1、栄町2、栄町3、桜ガ丘、宮の町、 武庫川町など

川面1丁目(かわも)

戸建住宅、マンションやアパートなどから形成される住宅地域です。区画は大きめでゆったりとした住宅が建ち並ぶ落ち着いた印象があります。
一部が第一種低層住居専用地域にあり、最低敷地面積が定められているため広めの区画割りになっており、ゆったりとした印象があります。
北へ上り傾斜になっていますが、JR・阪急「宝塚」駅と阪急「清荒神」駅の両方が利用できる人気の街です。

川面2丁目(かわも)

戸建住宅、マンションやアパートなどから形成される住宅地域です。区画は大きめでゆったりとした住宅が建ち並ぶ落ち着いた印象があります。
第一種低層住居専用地域にあり、最低敷地面積が定められているため広めの区画割りになっており、ゆったりとした印象があります。
北へ上り傾斜になっていますが、JR・阪急「宝塚」駅と阪急「清荒神」駅の両方が利用できる人気の街です。

川面3丁目(かわも)

「宝塚」駅のすぐ北東に広がる利便性の高い街です。
戸建住宅を主体としつつ、低層のマンションが混在する住宅地域が形成されています。区画は大きめでゆったりとした住宅が建ち並び、閑静な住宅地域が形成されています。
傾斜があるものの、JR・阪急「宝塚」駅から徒歩圏内にあり、利便性が高いことから人気の街です。

川面4丁目(かわも)

「宝塚」駅の北東方において戸建住宅、マンションやアパートなどから形成される住宅地域です。区画は大きめでゆったりとした住宅が建ち並ぶ落ち着いた印象があります。
第一種低層住居専用地域にあり、最低敷地面積が定められているため広めの区画割りになっており、ゆったりとした印象があります。
傾斜があるものの、JR・阪急「宝塚」駅から徒歩圏内にあり、利便性が高いことから人気の街です。

川面5丁目(かわも)

「宝塚」駅のすぐ北に広がる利便性の高い地域です。
商業施設「ソリオきた」をはじめとした駅周辺の店舗が多く見られますが、すぐに戸建住宅やマンションが混在する住宅地域が形成されています。
JR・阪急「宝塚」駅から徒歩圏内にあり、利便性が高いことから人気の街です。

御殿山1丁目・2丁目・3丁目(ごてんやま)

戸建住宅が建ち並ぶ中、作業所や事業所なども見られる地域です。
道路の幅員が狭い部分も見られますが、甲子園口6丁目には南北に幹線道路が走っています。幹線道路沿いや大きな道路沿いは車両の通行量が多いため、騒音があります。

武庫川町(むこがわちょう)

宝塚市駅前エリアの中でも東端に存する街です。
平成15年の宝塚ファミリーランドの閉園に伴い、この地域における民間の開発事業により沿道サービス施設、共同住宅、教育施設などの整備が促進されています。一例には宝塚ガーデンフィールズ(平成15年)、関西学院初等部開校(平成20年)、宝塚音楽学校記念公園オープン(平成23年)があり、この間を通じてマンションの建設が複数見られ、都心シンボルゾーンとなっています。
この地域には戸建住宅の他、高層マンションが多く見られますが全体的に綺麗な街並みが形成されています。 宝塚ガーデンフィールズの無料エリアでは散歩もできるため、宝塚市の中心にありながらも憩いの場として活用できます。