杭瀬駅~大物駅周辺エリア

阪神「杭瀬」駅は大阪から川を一つ挟んだ隣に位置し、兵庫の東の入り口として栄、昔はダンスホールやキャバレーが建ち並ぶ繁華街として多くの人で賑わっていました。戦前は産業が発達し、沖縄や九州地方から仕事を求める多くの人も集まり、戦後も順調な復興をされていきましたが、再開発については地元の反対などもあり、進んでいないという現状もあります。

「杭瀬」駅前には幾つもの商店街があり、現在は地元の人々により活気ある市場が開かれています。また、従来からの作業所や工場が点在しており、このような環境の中、戸建住宅やアパート、マンションなども見られる地域が形成されています。

阪神「大物」駅周辺は尼崎城下町の一つで、平安時代にはすでに船舶の発着地として発達していました。大物の地名由来には諸説ありますが、平安時代に港町として栄え、西日本各地からの材木の集散地として知られるようになり、取引された巨材を意味する「大物」から、この地を大物と呼ぶようになったとの説が有力です(尼崎市HPより)。
現在は戸建住宅を中心に店舗や作業所も見られる地域が形成されています。周辺に病院や公園といった公益公共施設が配置されており、利便性の良い地域と言えます。また、近年発展しつつある阪神「尼崎」駅との間(約1km)にはスポーツクラブやアルカイックホール(総合文化センター)もあります。

なお、阪神なんば線の開通により、近鉄との乗り入れが実現し、奈良方面へのアクセスが良くなっています。

今福1、今福2、 梶ケ島、 北城内、北大物町、杭瀬北新町1、杭瀬北新町2、杭瀬北新町3、杭瀬北新町4、杭瀬寺島1、杭瀬寺島2、杭瀬本町1、杭瀬本町2、杭瀬本町3、杭瀬南新町1、杭瀬南新町2、杭瀬南新町3、杭瀬南新町4、昭和通1、昭和通2、西大物町、東大物町1、東大物町2、南城内

梶ケ島(かじがしま)

現在は尼崎市の南東端に位置します。
道路の幅員は狭くなく、戸建住宅が建ち並ぶ中、店舗や作業所なども見られる地域が形成されています。阪神「杭瀬」駅の徒歩圏内で駅周辺の市場などの買物施設にも近く、利便性が良好です。
古くは神崎川河口の砂州が陸地化した島で、「梶ケ島」という地名にその名残があります。