阪神尼崎駅~出屋敷駅エリア

阪神「尼崎」駅は実質的な行政の中心地であり、近年は大規模な開発が行われ、大規模な商業施設の建築などが進められています。平成21年阪神なんば線の開通により、奈良方面へのアクセスが良くなったこともあり、周辺駅の乗降客数が減少する中、この駅の乗降客は伸びています。

「尼崎」駅の南側は歴史的な建造物が点在し、歴史的な中心となっています。また、周辺には尼崎市立中央図書館や尼崎市総合文化センター(アルカイックホール)といった文化施設も多く存在しています。
寺町ではかつて尼崎が城下町であったことをしのぶことができます。その背後では道路の幅員はゆったりしていませんが戸建住宅、アパートやマンションが混在する住宅地が広がっています。

「尼崎」駅の北側は金融機関や店舗・事務所などが建ち並んでいます。
駅の西側にはショッピングセンター(尼セン)に始まり、尼崎中央・三和・出屋敷商店街など合計15の商店街と600の店舗が建ち並ぶ全国屈指の規模を誇る商店街が続き、周辺には神田北通といった歓楽街も建ち並んで賑わいを見せています。
歓楽街の背後には戸建住宅を中心としてアパート、マンションが混在する住宅地域が形成されており、道路の幅員はあまり広くありませんが、区画は概ね区画も整然としています。

「出屋敷」駅周辺は南部工業地帯の労働者向けの歓楽街や簡易宿が建ち並んでいましたが、平成2年の再開発で立退きになり、現在は家電量販店も入った商業施設「リベル」を中心として綺麗に整備されています。
この近代的なビルの背後には区画整然とした住宅地域も見られますが、戦後人口急増に伴う宅地の細分化による老朽建物などが残っているところもあります。

開明町1、開明町2、開明町3、神田北通1、神田北通2、神田北通3、神田北通4、神田北通5、神田北通6、神田北通7、神田北通8、神田北通9、神田中通1、神田中通2、神田中通3、神田中通4、神田中通5、神田中通6、神田中通7、神田中通8、神田中通9、神田南通1、神田南通2、神田南通3、神田南通4、神田南通5、神田南通6、北竹谷町1、北竹谷町2、北竹谷町3、玄番北之町、玄番南之町、汐町、昭和通3、昭和通4、昭和通5、昭和通6、昭和通7、昭和通8、昭和通9、昭和南通3、昭和南通4、昭和南通5、昭和南通6、昭和南通7、昭和南通8、昭和南通9、崇徳院1、崇徳院2、崇徳院3、竹谷町1、竹谷町2、竹谷町3、建家町、寺町、中在家町1、中在家町2、中在家町3、中在家町4、西桜木町、西本町1、西本町2、西本町3、西本町4、西本町5、西本町6、西本町7、西本町8、西本町北通3、西本町北通4、西本町北通5、西御園町、東桜木町、御園町、南竹谷町1、南竹谷町2、南竹谷町3、宮内町1、宮内町2、宮内町3、蓬川町、蓬川荘園