武庫川沿い(国道2号以南)~尼崎センタープール前駅周辺エリア

国道2号より南方で阪神「尼崎センタープール前」駅から「武庫川」駅に広がるエリア。
このエリアにおいては道路が狭く、小規模の戸建住宅が密集する住宅地域もありますが、「尼崎センタープール前」駅を中心として全体的に区画が整然としており、戸建住宅を中心としてマンションも見られる地域が形成されています。
水名町には県下唯一の尼崎ボートレース場(水明町1丁目)があります。もともと土地改良用の人工池だったところがボートレース場となりましたが、スタンドからピットを眺めることができる珍しいコースです。レストランやキッズルームなどの施設も充実しています。

国道43号の南を走る県道341号線(甲子園尼崎線)までは、戸建住宅を中心とした住居系の利用が見られます。しかし、県道から更に南方においては、尼崎市の中でも大きな工場が建ち並ぶ地域になっています。
元浜町1丁目と道意町6丁目にまたがる元浜緑地は平成3年、日本初の大気汚染対策緑地で地域の大気浄化や周辺住民の健康保持増進を目的に造られた緑豊かな大きな公園です。敷地は東西に分かれており、東側には「ロングスライダー」や木製遊具が、西側には水鳥が泳ぐ「もみじ池」や水遊び場があり、子供から大人まで楽しむことができます。

大島1、大島2、大島3、大庄川田町、大庄中通1、大庄中通2、大庄中通3、大庄中通4、大庄中通5、 大庄西町1大庄西町2大庄西町3大庄西町4、 大庄西町4、琴浦町、水明町、道意町1、道意町2、道意町3、道意町4、道意町5、道意町6、菜切山町、武庫川町1、武庫川町2、武庫川町3、武庫川町4、元浜町1、元浜町2、元浜町3、元浜町4、元浜町5

大庄西町1丁目・2丁目・3丁目(おおしょうにしまち)

旧国道(中国街道)沿いに旧大庄村役場(現:尼崎市立大庄公民館)があります。この建物は昭和12年に竣工されたものですが、昭和を代表する建築家、村野藤吾氏の若き日の建築で当時は日本一の村役場と言われた建物です。