尾浜町・名神町・久々知西町エリア

阪神「尼崎」駅とJR「立花」駅の間に存するエリアで、戸建住宅、マンションや市営住宅などが建ち並ぶ中、作業所や事業所も点在しています。
区画が整然とした地域がある一方、道路が狭い部分を残す旧来からの住宅地域もあります。

エリア内にも買物施設がありますが、阪急「塚口」駅、JR「立花」駅、JR「尼崎」駅のそれぞれの駅周辺の買物施設へも地勢が平坦であるため自転車で出掛けることも可能でしょう。

県道13号線(通称:産業道路)や県道142号線(通称:五合橋線)に囲まれている他、名神高速道路「尼崎IC」に近いため、車での移動もスムーズです。

なお、エーデルワイスミュージアム(尾浜町1丁目)では、現在の阪神間の洋菓子文化の礎を築いたエーデルワイスが創業時より収集した古い製菓道具や洋菓子関連の美術品などが展示されています。ベルギーの美術館より文化資料を譲り受けたものもあり、規模・充実度とも世界屈指のものとなっています(要予約)。

尾浜町1、尾浜町2、尾浜町3、久々知西町1、久々知西町2、名神町1、名神町2、名神町3