JR塚口駅以東エリア

JR福知山線の鉄道敷きより東側に広がるエリア。
駅周辺には卸売市場の他、「塚口」駅東口には工場が建ち並んでいましたが、近年の経済情勢などで企業が工場を売却した跡地におけるマンション建築や区画分譲が進んでおり、エリア内の環境は住居系を中心とする要素が強くなりつつあります。
そのような状況の中、「塚口」東口付近の森永製菓跡地においてJR駅前再開発「ZUTTO CITY(ズットシティ)」が予定されています。駅ビル、商業施設及び総戸数1200戸のマンション等から構成される関西最大級の開発となる予定であり、新しい街づくりが期待されています(8.4ha)。

なお、上坂部若王寺周辺における道路の幅員はゆったりとしており、区画も整然とした戸建住宅を主体とした住宅地域が形成されています。一方、御園周辺は旧来からの蛇行した道路も見られる住宅地域となっています。
上坂部周辺をはじめとして買物施設がある他、御園町には市役所の支所もあり、生活利便性は良好です。

JR「塚口」駅付近は交通利便性及びJR「尼崎」駅の再開発・活性化の影響もあり、その傾向が顕著に出ています。尼崎市における鉄道駅は人口減少に伴い、乗降客数が減少傾向にありますが、JR「塚口」駅は乗降客数を伸ばしています。

また、国の史跡・近松門左衛門の墓をまつる廣済寺がありますが、近松は晩年に本堂裏に住居を構えて、ここで執筆活動をしていたと伝えられており、寺に接した近松公園内にある近松記念館には近松が使用した机など100点余りが展示されています。

尼崎市の上坂部2丁目周辺と近松記念館

(左)上坂部2丁目周辺     (右)近松記念館入口

上坂部1、上坂部2、上坂部3、久々知1、久々知2、久々知3、下坂部1、下坂部2、下坂部3、下坂部4、若王寺1、若王寺2、若王寺3、御園1、御園2、御園3