JR生瀬駅エリア

このエリアは宝塚市との市境付近にあり、国道176号を中心に昭和40年代から「青葉台」、「花の峯」、「生瀬高台」、「宝生ケ丘」といったニュータウンが形成されています。

JR「生瀬」駅を補完する形で 国道176号沿いに阪急バスの生瀬橋、森興橋、生瀬のバス停があるも、各タウンには路線バスの乗り入れが行われていません。これらタウンは丘陵地にあり、概ねアップダウンがあるため車が必需品となりますが、国道176号が利用できるため交通利便性は良好で、何より緑が豊かな住環境が魅力的な街です。

青葉台1青葉台2、 生瀬町1、 生瀬町2、 生瀬高台、 生瀬東町、 生瀬武庫川町、 花の峯、 宝生ケ丘1宝生ケ丘2

青葉台1丁目・2丁目(あおばだい)

国道176号より北に広がる古いニュータウンです。
北に上る傾斜はきつく、道路の蛇行も見られるため自転車での移動はつらく感じるかもしれませんが、タウンを囲むように武庫川が流れており、緑豊かな環境の中で眺望に恵まれた住宅地域が形成されています。

タウン内の建物は概ね昭和の時期に建築されたものだと思われますが建替えは進んでいないようです。
現在は西宮市により第一種低層住居専用地域に指定され、敷地の最低面積が150㎡以上と定められていますが、市の指定以前の分譲地100㎡程度の物件も見受けられます。
タウン内におけるバス運行はありませんが、国道176号沿いのタウン前にバス停留所がありますが、自動車があった方が便利な地域でしょう。

青葉台

生瀬高台(なませたかだい)

国道176号より南に広がる古いニュータウンです。
タウン内の傾斜がきつく、道路が蛇行する部分もあるため自転車での移動はつらく感じるかもしれませんが、緑豊かな環境の中で眺望に恵まれた住宅地域が形成されています。
タウン内の建物は概ね昭和の時期に建築されたものと思われ、熟成された閑静な住宅が形成されています。なお、現在は西宮市により第一種低層住居専用地域に指定され、敷地の最低面積が150㎡以上と定められています。
JR「生瀬」駅へはタウン内の一番奥のところからも1km余りで行くことができますが、タウン内におけるバス運行がないため、自動車があった方が便利な街でしょう。

宝生ケ丘1丁目・2丁目(ほうしょうがおか)

宝塚市との市境付近に形成された古いニュータウンです。
タウン内の傾斜がきつく、道路が蛇行する部分もあるため自転車での移動はつらく感じるかもしれませんが、緑豊かな環境の中で眺望に恵まれた住宅地域が形成されています。
タウン内の建物は概ね昭和の時期に建築されたものと思われ、熟成された閑静な住宅が形成されています。また、現在は西宮市により第一種低層住居専用地域に指定され、敷地の最低面積が150㎡以上と定められています。
宝生ケ丘1丁目は特に傾斜と道路の蛇行がきつい箇所があります。これを上りきると2丁目になりますが、宝生ケ丘2丁目内では緩やかな傾斜になっている他、道路もゆったりしておりすっきりした印象を受けます。
なお、タウン内におけるバス運行がないため、自動車があった方が便利な街でしょう。

宝生ケ丘