JR西宮名塩駅エリア

このエリア内には「清瀬台」、「名塩南台」、「西宮名塩ニュータウン」といったニュータウンがあり、丘陵地に造られたためアップダウンがありますが、緑豊かで環境の良い住宅地域が形成されています。

JR「西宮名塩」駅前にはショッピングセンター「エコール・なじお」があり、阪急オアシスをはじめとした飲食店、医院、金融機関などが揃っています。また、駅前の「西宮市塩瀬センター」には、西宮市役所塩瀬支所や図書館、公民館といった公共施設が充実し、暮らしをサポートしており、西宮市北部の中心核にふさわしい地区が形成されています。

なお、名塩の北方には武田尾温泉があり、武庫川渓谷の豊かな自然を背景にゆったりとくつろぐこともできます。

【鉄道】
JR「西宮名塩」駅~「大阪」駅  約30分(尼崎で乗換え)
JR「西宮名塩」駅~「三ノ宮」駅 約45分(尼崎で乗換え)

JR西宮名塩駅エリア

清瀬台、 国見台1、 国見台2、 国見台3、 国見台4、 国見台5、 国見台6、 名塩木之元町、 名塩1、 名塩2、 名塩新町、 名塩南台1名塩南台2名塩南台3名塩南台4東山台1東山台2東山台3東山台4東山台5

清瀬台(きよせだい)

JR「西宮名塩」駅の東方で国道176号より北に広がる古いニュータウンです。
北方に上る傾斜はきつく、自転車での移動はつらく感じるかもしれませんが、緑豊かな環境の中で眺望に恵まれた住宅地域が形成されています。

タウン内の建物は概ね昭和の時期に建築されたものと思われ、熟成された閑静な住宅が形成されています。なお、現在は西宮市により第一種低層住居専用地域に指定され、敷地の最低面積が150㎡以上と定められています。
国道176号沿いのタウン前にバス停留所がありますが、タウン内にバスの運行がないため、自動車がある方が便利な街です。

清瀬台

名塩南台1丁目・2丁目・3丁目・4丁目(なじおみなみだい)

JR「西宮名塩」駅の南西方に広がるニュータウンです。
西宮市の地区計画(昭和63年決定)によりにより最低敷地面積が180㎡以上と定められ、各敷地も大きく分譲されています。このため、開放的で綺麗な街並みになっており、西宮北部では人気があるタウンです。

国道176号からタウンへの進入路やタウン内を走るメイン道路には傾斜が見られますが、傾斜の程度は他のニュータウンと比較しても特別きついという印象は受けません。また、タウン内には車止めもところどころに散見され、車輛がむやみに通行しないように工夫されているようです。
名塩南台3丁目の一部はタウン内でも一段と高い場所に立地し、区画もやや大きく分譲されており、眺望が特に優れています。
また、エリア内にある「塩瀬中央公園」には体育館やテニスコート、円形広場などがあり、緑豊かな環境における充実した施設も魅力です。
タウン内におけるバス運行がある他、国道176号沿いのタウン進入口にバス停留所がありますが、タウンと国道176号との間には距離があります。

名塩南台

東山台1丁目・2丁目・3丁目・4丁目・5丁目(ひがしやまだい)

JR「西宮名塩」駅の北部に広がる比較的新しい街、西宮名塩ニュータウン(愛称:創造の丘ナシオン)は道路も広く、区画も整然としています。
西宮市の地区計画(平成2年決定)によりにより最低敷地面積が180㎡以上と定められており、各敷地も大きく分譲されています。また、タウン内における道路の幅員はゆったりとしていて緑が多く配置されているため、すっきりとした綺麗な街並みになっています。
また、タウン内には分譲マンションもあり、中古なら概ね2000万円前後での購入も可能です。
国道176号からタウンへの進入路やタウン内を走るメイン道路には傾斜が見られますが、傾斜の程度は他のニュータウンと比較しても特別きついという印象は受けません。

タウン内に小学校や幼稚園といった教育施設やJR駅前の買物施設などの生活利便施設が充実している他、JR「西宮名塩」駅に近く、タウン内におけるバス運行もあるため交通利便性も良好です。
なお、タウンと「西宮名塩」駅とは約60mの斜行エレベーターで連絡しており(約2分)、傾斜が多いタウンへの移動がスムーズとなっています。なお、このエレベーターはデザインにも優れる他、夜には美しいイルミネーションで彩られるため街のシンボル的存在になっています。

東山台