酒蔵通り・臨港線エリア

国道43号以南のこのエリアは、江戸時代から「宮水」を使用した酒造りが盛んであり、現在でも大手・中小の清酒メーカーの本社や工場が集中しています。その数社によるショップやミュージアムでは酒造りの歴史を学びつつ日本酒や酒を使用した菓子などを楽しむことができ、今や観光スポットになっています。

一方、「宮水」の水質を保護するために酒造組合などの水質保全活動も活発であり、水脈を横切る阪神高速は計画段階で橋脚の距離を広くする設計に変更された経緯がありますが、結果として強度に優れたため、阪神淡路大震災では倒壊を免れています。
こうした環境において、戸建住宅やマンションも混在する地域が形成されています。

なお、エリアの中央、臨港線沿いにおいては家電量販店や買物施設が建ち並んでおり、生活利便性が良好です。また、このエリアは国道43号に近く、阪神高速や名神高速道路も利用できるため交通利便性に優れています。

周辺には酒造メーカーのショップが点在し、カフェを併設した有名スイーツ店もあるため日常の生活も楽しくなるでしょう。
西宮浜のヨットハーバーも近く、海の近くのレストランや公園で落ち着いたひと時を過ごすこともでき、日々の生活に潤いをもたらす環境であると言えます。

【宮水~環境省指定名水100選~】
江戸時代末、西宮のえびす神社近くの井戸水が酒造用水として優秀なことが確認されました。
当初この水は「西宮の水」と呼ばれていましたが略されて宮水となりました。
宮水は六甲山系からの伏流水で花崗岩を主とした岩盤を流れてくるため鉄分が少なく、リンが多く含まれた硬度が高く、酒造りに適した水質です。
海に近いことから塩分も適度に含まれており、このミネラル成分が酒造りには欠かせない酵母の発酵を促進させることから、このあたりでは昔から酒造りが盛んで、古くからの酒蔵や酒造メーカーが立ち並び、西宮の酒、灘の酒のブランドとして発展してきました。

酒蔵通り・臨港線エリア

朝凪町、 石在町久保町鞍掛町浜町浜松原町浜脇町東町1東町2、 東浜町、 用海町

石在町(いしざいちょう)

阪神「西宮」駅の南東方、国道43号南に広がる街です。
事業所なども見られますが、戸建住宅、アパートやマンションが建ち並ぶ住宅地域です。道路の幅員は広くありませんが、区画は概ね整然としています。
地勢も平坦になっているため、阪神「西宮」駅周辺などの買物施設へ自転車で気軽に出掛けることができます。

石在町

久保町(くぼちょう)

阪神「西宮」駅の南東方、国道43号南に広がるエリアです。
酒造メーカーや事業所などの他、戸建住宅やマンションも建ち並ぶ地域です。道路の幅員は広くはありませんが、区画は概ね整然としています。
地勢も平坦になっているため、阪神「西宮」駅周辺などの買物施設へ自転車で気軽に出掛けることができます。
久保町には、酒造りに欠かせない名水「宮水」が湧出する「宮水発祥之地」の碑が建立されています。

久保町

鞍掛町(くらかけちょう)

阪神「西宮」駅の南方、札場筋線の西に広がる細長い町域であり、南側では西宮港を目にすることができます。町内は白鹿博物館などの酒造メーカーの施設や倉庫、一般の事業所や店舗が点在しており、町の北側や南側に住宅地域が形成されています。
道路の幅員は広くありませんが、区画は概ね整然としています。
地勢が平坦になっているため、阪神「西宮」駅周辺などの買物施設へ自転車で気軽に出掛けることができます。

鞍掛町

浜町(はまちょう)

阪神「西宮」駅の南方、えべっさん筋の東に広がり、南側では西宮港を目にすることができます。町内は酒造メーカーの施設や倉庫、一般の事業所や店舗が点在している中、戸建住宅やマンションも混在する地域が形成されています。
道路の幅員は広くないですが、区画は概ね整然としています。
地勢が平坦になっているため、浜町内にある買物施設の他、阪神「西宮」駅周辺などの買物施設へ自転車で気軽に出掛けることができます。

浜町

浜松原町(はままつばらちょう)

国道43号の南方において、臨港線沿いには大型家電量販店、スーパーや工業などと共にマンションや社宅、県営住宅が建ち並び、浜松原町の北の一角は戸建住宅も見られます。県営住宅は比較的新しいものが多いようです。
浜松原町を中心として臨港線沿いには他にも買物施設などが集まっており、生活利便性は良好です。
すぐ近くの「西宮IC」は阪神高速と共に名神高速道路の出入り口にもなっているため、車での各方面への移動もスムーズです。

浜松原町

浜脇町(はまわきちょう))

阪神「西宮」駅の南方において戸建住宅とマンションが混在する地域です。
戸建住宅の規模は概ね100㎡以下で古い戸建住宅と新しい戸建住宅が混在しています。
阪神「西宮」駅の徒歩圏内にあり、駅前の商業施設「エビスタ」での買物施設の利用が可能な他、西宮市役所も近く、生活利便性は良好です。
周辺には酒造メーカーのショップが点在し、カフェを併設した有名スイーツ店もあるため日常の生活も楽しくなります。
すぐ近くに阪神高速「西宮出入り口」があり、大阪神戸方面への移動がスムーズです。

浜脇町

東町1丁目・東町2丁目(ひがしまち)

臨港線を中心として、北は酒蔵通りから南の西宮港付近にわたり南北に広がる街です。
戸建住宅やマンションが混在する中、事業所なども見られます。戸建住宅は小規模なものが多く、比較的築年が新しいものも散見されます。
道路の幅員は狭くなく、区画も概ね整然としています。
臨港線沿いには東町に存するスーパーをはじめとして家電量販店などの店舗が多くあるため、利便性が高い地域です。
また、近くに阪神高速「西宮出入り口」があり、大阪神戸方面への移動がスムーズです。

東町1丁目・東町2丁目

用海町(ようかいちょう)

国道43号以南に広がる街です。
酒造メーカー、事業所や倉庫が町域の多くを占めていますが、小学校を擁し、その周辺においては戸建住宅とマンションが混在する住宅地域が形成されています。
地勢が平坦なため、阪神「西宮」駅のみならず、JR「西宮」駅へも自転車で気軽に出掛けることができます。これらの駅の周辺には買物施設が充実している他、用海町の南方の臨港線沿いには大型家電量販店や買物施設が建ち並んでいるため、生活利便性が良好な地域であると言えるでしょう。

用海町