阪神打出駅以南エリア

阪神「芦屋」駅から「打出」駅の周辺は商店街を中心とした活気あふれる商業空間が形成されるエリア。
その背後において、戸建住宅、アパートやマンションが混在する住宅地域が形成されています。道路の幅員はゆったりとしており、区画も整然としています。
買物施設が充実していることもあり、一般的な戸建住宅や分譲マンションなどを探す場合においてはこのエリアが対象となる場合が多いようです。

伊勢町周辺には芦屋市立美術博物館、芦屋市谷崎潤一郎記念館といった施設が集積しており、歩いて街並みを楽しむことができる文化の薫り高い地域となっています。
また、国道43号沿いでは騒音や振動などによる住環境の悪化を防ぐため、緩衝緑地帯の整備が検討されています。

伊勢町、 打出町、呉川町、精道町、大東町、竹園町、南宮町、西蔵町、浜町、 宮川町、 若宮町

伊勢町(いせちょう)

谷崎潤一郎記念館には直筆原稿や書簡、写真、日用品などが展示されています。

宮川町(みやがわちょう)

谷崎潤一郎が昭和9年から昭和11年までの3年間を過ごし、後に芦屋を舞台とした名作、「細雪」を発表しました。