阪急沿線~JR沿線エリア

阪急沿線とJR沿線の間のエリア。
JR「芦屋」駅周辺は芦屋市における唯一の商業地であり、芦屋市の顔であるとともに芦屋市の中心核と位置付けられています。
その周辺には「ラポルテ芦屋」をはじめ、飲食店やショップなどが建ち並んでいますが、この商業地も広域に及んでいる訳ではなく、駅を離れるとすぐに住宅街になっています。

芦屋川より西側においては低層の戸建住宅が建ち並んでいますが、芦屋川より東側においては阪神・淡路大震災後、中高層のマンションの建築が進んだため、これらマンションと戸建住宅が混在する地域となっています。
道路の幅員は広くはありませんが、地勢は概ね平坦で区画は概ね整然としています。

JR「芦屋」駅前には買物施設や生活利便性も揃っており、芦屋川沿いを散歩することもできる住環境の良好なエリアです。

このエリアはほぼ全域が人気となっていますが、特に松ノ内町・船戸町・大原町は人気が高く、売りに出されることが少なく、希少性の高い地域です。

芦屋市のJR駅前と月若町

(左)JR芦屋駅北側の商業地   (右)月若町

大原町、 三条南町、 親王塚町、 月若町西芦屋町、 船戸町、 松ノ内町、 翠ヶ丘町

月若町(つきわかちょう)

芦屋川の西側、阪急沿線とJR沿線の間に位置しています。阪急「芦屋川」駅前に商業施設が一部見られますが、大部分は閑静な住宅地として、緑ゆたかで閑静な住みよい住環境が形成されています。/p>

西芦屋町(にしあしやちょう)

古くから閑静な住宅地として発展し、緑豊かで歴史と風情が感じられる街として知られています。