阪急御影・JR住吉エリア

阪急神戸線「御影」駅・JR神戸線「住吉」駅勢圏に広がるエリアであり、北側及び西側で灘区に隣接しています。

このエリアは、松林の茂る住吉川の自然堤防、南に大阪湾、北に六甲山地とその中腹台地という好立地条件が好感され、大正時代に大阪の財閥や船場の旦那衆等が邸宅を建設したことから、一躍高級住宅地として知られるなど、古くから住宅地として開かれた経緯があります。
住吉川沿いや山の手には谷崎潤一郎の倚松庵や、野村邸、住友邸といった豪華な住宅が立地していましたが、昭和13年の阪神大水害や第二次世界大戦の空襲で荒廃し、それら跡地にマンションが建設されるなど、戦後の街並みは大きく変化しました。

エリア北部の渦森台は六甲山の山裾に広がる住宅地域であり、公営団地などが多く建ち並んでいます。昭和30年代から40年代にかけて山の造成により開かれた街ですが、鉄道駅からは急勾配の坂道となっているほか、最寄駅からは徒歩圏外でありバス便となるため交通利便性は劣ると言えるでしょう。

一方、阪急御影駅の北側は戸建住宅などが建ち並ぶ住宅地域が広がっています。特に、住吉山手鴨子ヶ原は高級住宅地として知られており、比較的規模の大きい戸建住宅などが多く建ち並ぶ閑静な住宅地域が形成されています。

エリア内の道路は比較的整然としているほか、駅からは徒歩圏内と交通利便性も概ね良好です。

商業施設としては、JR住吉駅の北側には駅直結の複合商業施設「Liv」があります。
教育施設として住吉山手には神戸大学付属小・中学校、御影山手には市立御影北小学校があり人気の校区となっています。
なお、住吉山手には白鶴酒造の7代目が開設した白鶴美術館があり、奈良・平安時代の経巻や書のほか世界有数の美術品を観ることができます。

このように、居住環境や交通アクセスに優れていることから、住宅を購入する人にとって人気の高いエリアとなっています。

神戸市東灘区御影中町と御影郡家

(左)御影中町2丁目周辺     (右)御影郡家1丁目周辺

渦森台1、渦森台2、渦森台3、渦森台4、鴨子ヶ原1、鴨子ヶ原2、鴨子ヶ原3、住吉本町1、住吉本町2、住吉本町3、住吉宮町4、住吉宮町7、住吉山手1、住吉山手2、住吉山手3、住吉山手4、住吉山手5、住吉山手6、住吉山手7、住吉山手8、住吉山手9、御影1、御影2、御影3、御影石町4、御影郡家1、御影郡家2、御影中町2、御影中町4、御影中町6、御影中町8、御影山手1、御影山手2、御影山手3、御影山手4、御影山手5、御影山手6