神戸市東灘区の地域情報

基本データ
面 積 34.02k㎡
人 口 214,371人(H28.1)
人口増減率 +1.4%(対H24比)
住宅持家率 全体のうち、57.6%
うち戸建住宅 34.3%
うち分譲マンション 64.1%

平成25年住宅土地統計調査
平成28年住民基本台帳など

1.神戸市東灘区の全体情報

1)概要

東灘区は、神戸市の南東端部、芦屋市の西側に位置し、六甲アイランド等を擁する阪神間の中心地区の一部を形成しています。面積は約30k㎡、人口は21万人を超えています。阪神淡路大震災直後には、人口が減少していましたが、近年の都心回帰の傾向や、都心部での高層マンション建設などにより増加傾向が続いており、既に震災前の人口を超過ています。世帯数は9万5千世帯を超えています(平成25年1月時点)。

東灘区は芦屋市、西宮市などと並ぶ阪神間に位置し、JR、阪急、阪神といった各鉄道路線により、三宮まで15分、大阪梅田まで30分というアクセスの良さと、海と山に囲まれた環境が好まれ、関西有数の住宅地として古くから発展してきました。

区の南部には、日本有数の酒どころとして知られる灘五郷のうち、魚崎郷・御影郷があります。現在も酒造メーカーの工場が立ち並ぶ酒蔵地帯には昔ながらの情緒が感じられます。
区の山手側には大学が点在しています。阪急岡本駅、JR摂津本山駅を中心に学生が集まる若者の街として注目されており、お洒落なカフェや洋菓子店、雑貨店などが集積しています。
海側には臨海工業地帯が広がっているほか、沖合の埋立地には、海上文化都市として開かれた六甲アイランドがあります。ここには外資系企業が進出しており、多くの外国人が居住し、国際的な雰囲気が感じられます。その一方で、毎年5月にはだんじりが区内を勇壮に駆け巡るなど、古くからの下町情緒ある街としての側面も有しています。

今後も、海と山に囲まれた自然と、若者の集まるおしゃれな街、さらには六甲アイランドなど臨海部の産業、学術の拠点機能を持つ街、灘五郷やだんじりなど古くからの情緒あふれる街として、発展してゆくことが予測されます。

2)住宅地

神戸市の中でも東灘区は人気の住宅地が点在しており、特に阪急沿線における住宅地は価格はもちろん、家賃も高くなっています。
特に阪急「岡本」駅周辺の人気が高く、地価は上昇傾向にあります。近年の経済情勢を懸念する面があるものの、富裕層を中心とした需要は強く、人気の住宅地を中心として引き続き需要は底堅く推移すると思われます。

3)商業地

神戸市東灘区は、三宮・大阪といった高度商業地への交通アクセスが良いため、大規模な商業施設はありません。
このため、駅前の中小規模の店舗が中心となっており、阪急「岡本」駅、JR「摂津本山」駅、阪神「御影」駅などの駅の周辺に各種店舗が点在しています。
その他、「六甲アイランドセンター」駅前周辺には、神戸ベイシェラトンホテルや神戸ファッションマートといった商業施設があり、ファッション産業振興やIT関連企業誘致などにより地域の活性化が図られています。

4)工業地

「灘の生一本」として全国的に知られる灘五郷(今津郷・西宮郷・魚崎郷・御影郷・西郷)のうち、東灘区には二郷が存します。阪神沿線より南側を中心として、六甲山の湧水である宮水を利用した古くから酒蔵があり、酒造メーカーの看板、巨大なタンク群をはじめとして酒づくりの風情が漂っています。
また、阪神高速3号神戸線や阪神高速5号湾岸線といった輸送手段も発達していることから、東灘区の南部の御影浜町を中心として工業地域が広がっています。

2.各エリアの情報

神戸市東灘区の各エリア

3.お役立ち情報

1)人口と世帯

兵庫県や神戸市全体の人工は下落傾向が継続しているものの、神戸市東灘区の人口はここ数年増加傾向にあります(図-1)。

神戸市東灘区の人口と世帯

人口構成割合を見ると、神戸市全体と比べて、生産年齢人口(15-64歳)の割合がやや高く、老齢人口(65歳以上)の割合が低いことが分かります(図-2)。

神戸市東灘区の人口の構成割合

また、神戸市東灘区における単独世帯割合は約41%であり、神戸市の平均である約43%とほぼ同じ割合となっています。高齢者の単独世帯も含まれていると推定されますが、交通利便性や周辺に教育施設などが存在していることから、一人暮らしのサラリーマンや学生が多いことが窺えます。

2)持家率と賃貸率

住宅の所有の関係を見ると(図-3)、住宅総数のうち持家率は約58%、賃貸率は約36%であり、賃貸を選択する人もみとめられるものの、東灘区では持家を選択する人が多いと言えます。
なお、持家を選択する人のうち、一戸建て住宅の割合が約34%に留まり、分譲マンションの割合(約64%)が多い状態です。

神戸市東灘区の持家率と賃貸率

3)地価公示価格の推移

神戸市東灘区の住宅地の価格は、大阪・神戸部に至便な立地であるといった利便性により、住宅地の需要は堅調であり、価格は堅調に推移しているようです。
特に阪急岡本駅を中心とする住環境、利便性に優れる住宅地は依然として根強い人気を集めており、上昇率がやや拡大しています。

神戸市東灘区の住宅地の地価公示価格の推移

神戸市東灘区の商業地の価格は、背後の住宅地価格の堅調な需要に支えられて、上昇傾向にあると言えるでしょう。

神戸市東灘区の商業地の地価公示価格の推移

参考:
平成25年住宅土地統計調査、平成28年総務省住民基本台帳、国土交通省・地価公示など