阪急「春日野道」駅北側エリア

阪急神戸本線「春日野道」駅北側周辺に広がるエリアであり、東側で灘区に隣接しています。
「春日野道」は、明治時代にエリア北部に外人墓地「春日野墓地」ができたことに伴い、西国街道まで造られた南北の道路が「春日野道」と呼ばれたことに由来しています。
エリア内の幹線沿いや駅近隣には商業地域もありますが、これら背後には住宅地域が広がっています。

当エリアは、神戸・大阪両方へのアクセスが良好であることから、駅周辺にはマンションなどが建ち並んでおり、背後には比較的規模の小さい戸建住宅のほか、公営住宅や社宅なども立地する住宅地域が形成されています。
また、作業所などの工業系の土地利用も一部で認められる地域ではやや雑然とした感は否めませんが、神社や商店街なども残る下町的なエリアとなっています。

エリアの北部、六甲山の山裾に広がる住宅地域は、鉄道駅からは急勾配の坂道となっているほか、最寄駅からは徒歩圏外であり、バス便となるため交通利便性は劣ると言えるでしょう。

なお、エリア内の住宅地域は大部分において区画整理が施行されており、道路は概ね整然としています。

商業地域としては、エリア内を東西方向に走る山手幹線・市道山麓線・熊内橋通沿いにガソリンスタンドやコンビニエンスストア、銀行、飲食店舗、店舗付マンションなどが建ち並ぶ路線型の商業地域が、駅北側には東西に伸びる大日商店街があり近隣型の商業地域が形成されています。
駅の近隣については店舗などの立地は少なく、やや閑散とした感があります。

大日商店街は、1900年代に駅の南側に製鉄・ゴム製造などを中心とする大企業の進出に伴い、人口が急増したことから、昭和30年代の後半に開設されました。かつては、料亭や映画館・病院などの施設も充実し、最盛期には約70店舗が軒を連ね、工場などで働く人々の台所として栄えました。
現在は、近隣には市立の小中学校やマンションなども多数立地していることから、地域の祭事などに併せたイベントが行われ、昔ながらの下町商店街として地域の人々に親しまれています。

なお、エリアの北部、神戸労災病院の北西方、中島通には春日野墓地があります。徳川家光治世の寛永年間に発足し、400年近い歴史を有しており、神戸港を一望できる南向斜面に広がっています。

神戸市中央区の阪急春日野道駅・かすがの坂と熊内町

(左)神戸市中央区の阪急春日野道駅・かすがの坂     (右)神戸市中央区の熊内町4丁目周辺・北へ上り傾斜が見られる