JR神戸線北側・神戸北野~県庁前エリア

JR・阪急・阪神各鉄道敷の北側、フラワーロードより西側に広がるエリア。
JR神戸線「元町」駅・「三宮」駅、阪急電鉄高速神戸線「花隈」駅・「阪急三宮」駅、神戸市営地下鉄「県庁前」駅・「三宮」駅・「新神戸」駅勢圏に広がるエリアであり、北側で北区に隣接しています。
エリア内には、東西方向に山手幹線、南北方向にフラワーロード、トアロードなどの幹線道路が走っています。

神戸市中央区の三宮駅とビーナスブリッジ

(左)JR三ノ宮駅・阪急三宮駅の北側   (右)ビーナスブリッジ

エリア中央部(県庁前駅周辺)エリア北東部(異人館~新神戸駅)エリア南部(三宮駅~元町駅周辺)エリア西部(花隈駅周辺)

エリア中央部(県庁前駅周辺)

地下鉄「県庁前」駅周辺には山手幹線沿いに兵庫県庁があります。
その他、兵庫県警察本部や兵庫県公館、県民会館など兵庫県の公共施設が集積しているほか、お洒落なレストランなども数多く見られます。
これら背後にはマンションや一般住宅などが建ち並ぶ住宅地域が形成されています。

また、兵庫県庁の北側には、ツツジの名所として知られる相楽園があります。
元神戸市長である小寺謙吉氏の先代小寺泰次郎氏の本邸であったところで、約2万㎡を有する敷地内にある日本庭園は、飛石や石橋を渡り、流れや滝など深山幽谷の風景を見ることができます。
さらに、相楽園の北方、東西方向に走る異人館通り沿いには諏訪山公園があります。諏訪山公園は、六甲山系山麓の高台と自然林を利用した都市公園で、ビーナスブリッジやレストランなどがあり、神戸の市街地を見渡すことができます。

神戸市中央区の県庁前周辺と相楽園

(左)地下鉄県庁前駅周辺   (右)相楽園(中山手通5丁目)

エリア北東部(異人館~新神戸駅)

北野町には神戸を代表する観光地として有名な北野の異人館街があります。
神戸港の開港後、来日外国人が増加したことから、明治から昭和初期にかけて200棟近くの異人館が建てられました。
現在は、フランス、スイス、インド、中国など様々な異国料理を楽しめるレストランやお洒落なカフェ、雑貨屋などの店舗が建ち並んでおり、休日には遠方からの観光客で賑わっています。そして、これらの背後にはマンション等も立地しています。

また、新神戸駅は、JR西日本の山陽新幹線と神戸市営地下鉄山手線・北神急行電鉄の北神線との接続駅となっており、ANAクラウンプラザホテル神戸や新神戸オリエンタルアベニュー、新神戸オリエンタル劇場などの施設が隣接しています。

なお、新神戸駅から接続する新神戸ローブウェー「風の丘」駅と「布引ハーブ園」駅の間には神戸市立布引ハーブ園が広がっており、ハーブの庭園や神戸の全景を楽しむことができる観光スポットとなっています。

神戸市中央区の異人館と神戸布引ハーブ園

(左)神戸北野・異人館   (右)神戸布引ハーブ園(北野町1丁目)

エリア南部(三宮駅~元町駅周辺)

三宮駅及び元町駅の北側周辺は、店舗ビルなどが建ち並ぶ商業地域であり、飲食店舗を中心に物販店舗やエステ、美容院といったさまざまな業種の集まる繁華街が広がっています。
中でも、南北に走る生田東門商店街には雑居ビルが多く建ち並び、夜間営業を中心とした飲食店などが多いほか、コンビニエンスストアや酒屋、ホテルなども立地しています。
これら繁華街に立地する東急ハンズの北側すぐに生田神社があり、境内にはかつて源平の戦場にもなった「生田森」が残っています。

生田神社とトアロード(北長狭通3丁目周辺)

(左)生田神社   (右)トアロード(北長狭通3丁目周辺)

エリア西部(花隈駅周辺)

花隈駅周辺は、神戸港の発展に伴いかつて高級料亭が建ち並ぶ花街として栄えてきた経緯があります。現在は、 駅近隣には飲食店等を中心とする繁華街が広がっていますが、背後にはマンションなどを中心とする住宅地域が形成されています。