池田駅以北エリア

阪急「池田」駅の北方、五月山を背後に広がるエリアです。
その昔、大坂と能勢地方を結ぶ北摂の大動脈である「能勢街道」が走っていましたが、往来が多い街道で、町屋は五月山の西側の山裾に展開されていました。現在では旧市街と呼ばれていますが、細い道路や蛇行する部分も多く残されています。地勢は駅周辺は概ね平坦地ですが、五月山に向かって上り傾斜になっています。

建石町には阪急電鉄創業者の一人である小林一三氏の旧邸(現在は小林一三記念館)があり、周辺は雰囲気の良い住宅地が広がっています。

栄本町には小林一三氏が収集した数々の美術工芸品が展示された逸翁美術館(逸翁は一三氏の雅号)が、城山町には池田城跡がある他、町中には寺社も点在しており、歴史風情あふれるエリアとなっています。

買物施設は「池田」駅周辺を中心として充実しており、池田市役所や市立病院などもあるため、生活利便性が良好なエリアです。

綾羽1、綾羽2、上池田1、上池田2、栄本町、栄町、城南1、城南2、城南3、城山町、新町、菅原町、大和町、建石町、槻木町、西本町