服部天神周辺エリア

阪急宝塚線「服部天神」駅周辺から西方にかけては、狭い路地に小規模店舗、小規模戸建て住宅、古くからのアパートなどが混在するエリアとなっています。
古くからの住宅地で、南北の路地は特に入り組んでおり、行き止まりも多く見られます。ただし、近年は古い住宅を取り壊して、新たな戸建住宅が供給されているところも見られ、こうしたところは道路条件も良くなっています。
駅の東西に、服部商店街、服部西町商店街が伸びており、また阪急オアシスなどのスーパーもあることから、買い物には便利な地域です。

「服部天神」駅東側の服部天神宮は、昔から街の中心であり、菅原道真公が大宰府へ左遷される途中、祈願して足のむくみ、痛みを治したという故事により、足の神様として有名です。神社周辺は、旧能勢街道の宿場町として、古くから賑わってきました。

「服部天神」駅の東方、国道176号線沿いには店舗、カーディーラー、大中規模のマンションなどが建ち並んでいます。

エリア内西部は大阪空港の航路になっており、大阪空港周辺緑地整備事業によって、少年野球場、テニスコートのほか、市民体育館や温水プールなどが整備されています。公園や大きな空地も存するほか、豊中ICや阪神高速豊中南出入口が近いことから、運送会社や工場なども多く見られます。

エリア内南部の府道西宮豊中線は、大阪内環状線と繋がっており、各種店舗が建ち並ぶほか、工場や豊中南郵便局などが位置しています。

「服部天神」駅へはおおむね徒歩圏内ですが、エリア内西側はやや距離があり、自転車利用が中心となります。
「服部天神」駅から阪急「梅田」駅までは12分程度と、都心部への接近性に優れています。

【鉄道駅】
阪急「服部天神」駅~「梅田」駅 約12分

豊中市利倉東1丁目周辺と服部寿町3丁目周辺

(左)利倉東1丁目周辺     (右)服部寿町3丁目周辺

曽根南町1、 曽根南町2、 曽根南町3、 利倉東1、 利倉東2、 服部寿町1、 服部寿町2、 服部寿町3、 服部寿町4、 服部寿町5、 服部西町1、 服部西町2、 服部西町3、 服部西町4、 服部西町5、 服部南町1、 服部南町2、 服部南町3、 服部南町4、 服部南町5、 服部豊町1、 服部豊町2、 穂積1、 穂積2、 名神口1