JRおおさか東線以西エリア

JRおおさか東線西部のエリアです。
東大阪市の南西端に位置し、西側で大阪市生野区と、南側で八尾市と接しています。

エリア北西部に位置する岸田堂周辺、南部に位置する渋川町や柏田西といった地域は中小規模工場と戸建住宅が混在しています。区画は概ねスッキリとしているものの、工場系の建物と住居系の建物が混在しているため、雑然とした印象を受けます。

エリアの北端には大阪東大阪線(府道24号線)が東西に走り、この道路沿いは事務所ビル、マンションや戸建住宅が建ち並んでいます。その背後には戸建住宅が密集する地域が形成されています。

三ノ瀬や太平寺周辺は古くからの住宅地ですが、一部建て替えも見られます。この地域の区画は概ねスッキリしているため、一定の需要はあるようです。

エリア中央に位置する寿町をはじめとする地域では、工場が売却され、その跡地が新規の戸建て住宅として分譲されているところも多く見られます。このため、工場系の建物が多く見られたこの地域の性格は変化しつつあると言えるでしょう。
また、新規の分譲や建て替えが行われているところでは道路条件も良いですが、一部の道路の幅員は狭く、蛇行しているため、自動車での通行は注意が必要です。

平成20年にJRおおさか東線が部分開業され、交通利便性も良好です。
平成30年には「JR長瀬」駅と「新加美」駅間に新駅設置の発表があり、更なる利便性の向上に期待ができます。
※現在は15分~20分に1本程度(ラッシュ時を除く)の運行となっています。

足代南1、足代南2、荒川2、柏田西1、柏田西2、柏田西3、岸田堂北町、岸田堂西1、岸田堂西2、岸田堂南町、衣摺6、寿町1.、寿町2、寿町3、三ノ瀬1、三ノ瀬2、三ノ瀬3、渋川町1、渋川町2、渋川町3、渋川町4、俊徳町1、俊徳町2、太平寺1、太平寺2、寺前町1、寺前町2