河内永和・河内小阪・八戸ノ里駅以北エリア

東大阪市の西部に位置し、近鉄奈良線「河内永和」駅の北側から大阪枚岡奈良線(府道15号線)の間に存するエリアです。

近鉄奈良線と併走している道路をはじめとし、府道大阪枚岡奈良線(15号)や大阪中央環状線(府道2号線)の沿道においては、各種店舗や事務所ビル、共同住宅などが建ち並んでいます。また、図書館や保健センター、裁判所などの公共施設、救急病院や診療所といった医療施設が充実しており、生活利便性は良好です。

エリア中心部(小阪や御厨栄町など)は戸建住宅と共同住宅が混在しており、一部建て替えも見られ、明るい印象があります。エリア内は傾斜がなく、自転車での移動もスムーズです。

エリアの東部(御厨東など)は戸建住宅と共同住宅の他、中小工場も混在しており、御厨南など一部地域においては住宅が密集しています。そのためやや雑然とした印象も見受けられます。

平成20年3月に近鉄奈良線「河内永和」駅とJRおおさか東線「JR河内永和」駅が乗り入れ可能となったため、交通利便性は良好です。
また、平成30年に「JR長瀬」駅と「新加美」駅間に新駅設置の発表があり、更なる利便性の向上に期待ができます。
なお、現在は15分~20分に1本程度(ラッシュ時を除く)の運行となっています。

このエリアは、北側に中央大通り、東側に大阪中央環状線が走っている他、これら幹線道路と併走並走する阪神高速道路や近畿自動車道があるため、車両での利便性が良好です。

小阪1、小阪2、小阪3、高井田元町1、高井田元町2、西岩田3、菱屋西5、菱屋西6、御厨栄町1、御厨栄町2、御厨栄町3、御厨栄町4、御厨中1、御厨中2、御厨東1、御厨東2、御厨南1、御厨南2、御厨南3