出戸エリア

地下鉄谷町線「長原」駅・「出戸」駅周辺に広がるエリアであり、北側及び東側で八尾市、南側で松原市に隣接しています。
なお、長吉川辺4丁目は大和川の南側にあります。

エリアの中央部には大阪府道2号(通称:大阪中央環状線)と近畿自動車道が南北に通っており、エリアは東西に分断されています。

西側は長原・出戸・川辺といった旧集落を中心とした市街地が形成されており、狭く蛇行している道路沿いに戸建住宅やアパートなどが建ち並んでおり、車両通行が困難なところも多く見られます。
神社仏閣等も各所に残っており、古い街並みが広がっています。
西側南部には公営住宅も立地しています。

東側は公営住宅が大半を占めており、旧六反集落や農地、作業所などが混在する住工混在地域が形成されています。
このように住工混在のやや雑然とした市街地を、快適で良好な街とするために、現在「長吉東部地区土地区画整理事業」が施行中であり、平成11年には公園と一体化した「大阪市立クラフトパーク」がオープンしました。
また、旧石器時代から室町時代にかけての住まいや墓、水田跡などが大量に出土した長原遺跡が発見されています。

なお、主な買物施設としては地下鉄「出戸」駅の南側にダイエーがあります。

大阪市平野区の長吉中央商店街と長吉長原2丁目付近

(左)長吉中央商店街(長吉六反2丁目)   (右)長吉長原2丁目付近

瓜破東7、瓜破東8、長吉川辺1、長吉川辺2、長吉川辺3、長吉川辺4、長吉出戸1、長吉出戸2、長吉出戸3、長吉出戸4、長吉出戸5、長吉出戸6、長吉出戸7、長吉出戸8、長吉長原1、長吉長原2、長吉長原3、長吉長原4、長吉長原西1、長吉長原西2、長吉長原西3、長吉長原西4、長吉長原東1、長吉長原東2、長吉長原東3、長吉六反1、長吉六反2、長吉六反3、長吉六反4、長吉六反5