野田・玉川エリア

JR大阪環状線の南側、堂島川・安治川の間に広がるエリア。

JR「野田」の南側には、古い小規模の戸建住宅、長屋住宅が建ち並ぶ地域が広がっています。一部に店舗やアパートもみられます。戦災を免れた地域が多く、下町の雰囲気が色濃く残っています。
エリア南部安治川沿いには、大阪中央卸売市場の巨大施設が存しており、周辺には工場、倉庫なども建ち並んでいます。

エリア内の住宅地はほとんどが鉄道駅から徒歩圏内で、交通利便性は高いエリアです。
新なにわ筋、市道福島桜島線など幹線道路もありますが、住宅地内は入り組んだ狭い道路が網の目のように広がっています。
JR「野田」駅周辺には各種店舗があり、梅田都心部にも近いことから、生活利便性は良好と言えるでしょう。

【鉄道駅】
JR「野田」駅~「大阪」駅 約2分
地下鉄「玉川」駅~「なんば」駅 約7分

(左)中央卸売市場   (右)玉川4丁目付近

玉川1、 玉川2、 玉川3、 玉川4、 野田1、 野田2、 野田3、 野田4、 野田5、 野田6