土佐堀~長堀エリア

南北に土佐堀川から長堀通りまで、東西に西横堀から新なにわ筋までの間に広がるエリア。
幹線道路沿いに大規模オフィスビル、ホテルなどの商業ビルが建ち並び、背後地にも中小の事務所ビル、店舗ビルが広がる地域です。
特に、エリア東端を南北に走る四つ橋筋は古くから大阪市内の中心的な道路であり、オフィスビルが建ち並び、企業の本社も多く置かれています。

従来は事務所・店舗が中心となるエリアでしたが、近年はマンション、特にタワーマンションなどの大規模開発も多く見られるようになってきました。幹線道路から一歩入った地域では、おしゃれなレストランや割烹などもあり、都心にありながらも落ち着いた雰囲気が形成されています。

エリア北部には、総面積約9.7ha、東西約800m、南北約150mの細長い形をした靱公園があり、バラ園や、テニスセンターを擁し、都心のオアシスとなっています。
エリア北西部の江之子島地域は、明治時代に大阪府庁及び大阪市役所があった地域であり、古くから大阪の中心となってきた地域でした。
エリア南部の厚生年金会館跡地は、オリックス不動産により「大阪ひびきの街」として再開発され、大劇場がオリックス劇場としてリニューアルされたほか、タワーマンションの建設が進んでいます。

ほぼエリア内全域が鉄道駅の徒歩圏内であり、地下鉄四つ橋線・中央線・千日前線・長堀鶴見緑地線の4線が利用可能となっています。
さらに、梅田都心部や心斎橋、なんばにも徒歩または自転車でアクセス可能な地域が多く、交通利便性・生活利便性は非常に高いエリアと言えるでしょう。
自動車利用についても、幹線道路、阪神高速環状線・大阪港線が縦横に通っており便利です。

都心部への接近性、生活利便性、比較的落ち着いた街並みが形成されていることなどから、マンションなど住宅地としての人気も高まっているエリアとなっています。

【鉄道駅】
地下鉄「本町」駅~「梅田」駅 約5分
地下鉄「阿波座」駅~「梅田」駅 約11分(御堂筋線乗換)
地下鉄「本町」駅~「なんば」駅 約4分
地下鉄「阿波座」駅~「なんば」駅 約5分

大阪市西区の四ツ橋筋と靱公園

(左)四ツ橋筋~肥後橋交差点より南方~  (右)靱公園

阿波座1、阿波座2、立売堀1、立売堀2、立売堀3、立売堀4、靭本町1、靭本町2、靭本町3、江戸堀1、江戸堀2、江戸堀3、江之子島1、江之子島2、川口1、京町堀1、京町堀2、京町堀3、新町1、新町2、新町3、土佐堀1、土佐堀2、土佐堀3、西本町1、西本町2、西本町3