大阪駅北西側・新梅田エリア

JR「大阪」駅の北側にある再開発地区「うめきた地区」の西側にあり、あみだ池筋まで広がるエリアです。

エリア内には、空中庭園で有名な「梅田スカイビル」、「ウェスティンホテル」のある「新梅田シティ」や、クラシック専用ホール「ザ・シンフォニーホール」があり、連日賑わいを見せています。
これらの周辺は、区画整理されたすっきりとした街並みとなっており、中小規模の事務所ビル、マンション、住宅が混在する地域となっています。

梅田都心部に近いものの、落ち着いた雰囲気の街並みが広がっており、都心部への接近性からマンション需要も高いエリアです。
梅田都心部には徒歩または自転車利用で容易に行くことができ、利便性の高いエリアと言えるでしょう。

また、このエリアは大阪・梅田の近くに位置するも、従来梅田北ヤード(貨物駅)により都心部から分断されていました。しかし、グランフロント大阪(平成25年春開業)をはじめとして、梅田北ヤードの再開発の予定が決まっており、再開発後はこれまで梅田北ヤードで分断されていた当エリアにおいても、都心部と一体となって更なる利便性の向上が見込まれるでしょう。

なお、平成31年度に予定されているJR新駅開業後は、「はるか」や「くろしお」などが停車し、関西国際空港や和歌山方面とのアクセス機能強化が期待されています。

【鉄道駅】
JR「福島」駅~「大阪」駅 約2分

中津5、 中津6、 大淀中1、 大淀中2、 大淀南1、 大淀南2